全国ふるさと甲子園は地域をアピールする真剣勝負と、人の魅力が溢れる場だった

■「映画ロケ地巡り」の記事

全国ふるさと甲子園

シネマズ公式ブロガーのアスカでございます。

人気の映画・ドラマのロケ地となった地域から55団体が東京に集まり、世界に誇るご当地グルメや特産品の紹介・販売を通して自分の街をアピールし、一般来場者による投票で「行きたくなったふるさとNo.1」を決定するイベント「全国ふるさと甲子園 第1弾ロケ地&ご当地グルメ編」が2015年8月7日に開催されました。

筆者は全国ふるさと甲子園の公式ブロガーとして参加。おいしいものを買って食べたり、試食をいただいたりと、丸一日イベントに密着し、会場の様子を自身のブログでレポートしました。

全国ふるさと甲子園

大賑わいを見せた初開催は来場者数1,200人!

地域おこしを目的に行われた全国ふるさと甲子園ですが、日本で唯一のロケ地情報に特化した情報誌ロケーションジャパンを発行する地域活性プランニングとNPOふるさと活性隊が企画し、主催は「全国ロケ地&ご当地グルメ」推進事業実行委員会です。

開催当日、昼の部・夜の部の合計6時間に1,200人もの来場者があり、予想を上回る盛り上がりとなりました。ピーク時には会場内の移動が困難なほどの混雑を見せ、第1回としては大成功だったといえるのではないでしょうか。

全国ふるさと甲子園

55団体が自分の街をアピール!甲賀市はひときわ目立つ存在に

各地の出店者はあの手この手でお客さんを呼び込んでいまして、このイベントに対する熱の入れ方がすごいなと感じました。印象的だったのが滋賀県甲賀市のブースです。

全国ふるさと甲子園

甲賀といえば三重県の伊賀とならぶ忍者の街として有名ですよね。甲賀市は忍者の街を大々的にアピールしながら、ご当地グルメの忍者餃子を販売。まったく忍ぶ様子もなく人前に現れる様子が多少おもしろくもありましたが、むしろ“全く忍ばない”というのをウリに、別フロアにある日本酒の試飲会場へも餃子をデリバリー販売していました。

それが良いのか悪いのかは別として、昼の部夜の部それぞれ3時間ずつの限られた時間にどれだけ自分たちをアピールできるか、準備や移動などわざわざ東京まで来た労力をチャンスに変え、時間を無駄にしない積極性とパワーに満ち溢れていました。

全国ふるさと甲子園

と、筆者は個人的に甲賀市が一番アクティブだな〜と思ったのですが、上には上がいまして、来場者みんなが投票した中で「行きたくなったふるさと」のグランプリに輝いたのは兵庫県淡路島でした!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com