ネズミ版『七人の侍』としての 3DCGアニメ映画『GAMBA ガンバと仲間たち』

■「キネマニア共和国」

“ガンバ”と聞くと、1970年代に少年少女だった世代は、出﨑統監督の傑作TVアニメ・シリーズ『ガンバの冒険』(75/全26話)を思い起こすことでしょうが、これは斎藤惇夫が72年に記した児童小説『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』を原作としたものでした……。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街 vol.39》

今度は同じ小説を原作に、3DCGアニメ『GAMBA ガンバと仲間たち』として映画化されました!
GAMBA ガンバと仲間たち ポスター

原作、TVアニメ、そして3DCG映画版へ

小説『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』も、TVアニメ『ガンバの冒険』も、そして今回の映画『GAMBA ガンバと仲間たち』も、そして76年に『冒険者たち ガンバとその仲間』として初演、その後『ガンバの大冒険』と改題して全国で上演され続けたミュージカルも、基本ストーリーは同じです。

街ネズミのガンバのもとに、ある日島ネズミの忠太が現れ、イタチによって全滅寸前の島ネズミたちを救うべく、ガンバは仲間のネズミたちと島へ赴き、白く凶暴なイタチのボス・ノロイらと戦うことになるのです。

ただし、原作はタイトル通りガンバと15匹の仲間が登場するのに対し、アニメ版と映画版はガンバを含めて7匹、そしてアニメ版はシジン、映画版はマンプクと、それぞれキャラクターが1匹だけ異なっています。

今回の脚本は『ALWAYS 三丁目の夕日』(05)の古沢良太。
ここで彼はTVアニメ版を意識するのではなく、むしろ原作の精神に立ち返って、あくまでも3DCGアニメ映画としての『GAMBA』の構築に腐心しています。

シジンとマンプク(原作には両方出てきます)、登場するキャラの相違が、そのままTVアニメ版と3DCGアニメ映画版との違いを象徴しているといってもいいでしょう。

そもそも本作は『ALWAYS』や『STAND BY ME ドラえもん』(14)で知られる映像制作会社・白組が、構想15年、製作期間10年、総製作費20億円をかけて取り組んだビッグ・プロジェクトであり、エグゼクティヴ・プロデューサーに『アイアンマン』(08)などのアヴィ・ブラッド、音楽にもベンジャミン・ウォルフィッシュといった海外スタッフを招き、また日本が誇るアートディレクター森本千絵をコミュニケーション・ディレクターとして宣伝ヴィジュアルのディレクションやエンドロールの演出などを任せています。

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    新着記事