『ゲットアウト』真夜中に全力疾走する男が死ぬほど怖い!その理由とは?

(C) 2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

アメリカで予想外の大ヒットを記録し、遂に日本上陸した話題作『ゲットアウト』。

主人公の恐怖に歪んだ表情がコワ過ぎるポスターからは、監禁拷問ホラー映画?との印象が強い本作。極力事前情報を入れない様に気をつけて、今回は初日の最終回で鑑賞してきた。

既に鑑賞した人達からは、非常に高評価・絶賛を受けている本作だが、果たしてその内容はどんな物だったのか?

ストーリー

ニューヨークに暮らす黒人の写真家クリスは、白人の彼女であるローズの実家での週末に招待される。

心配とは裏腹に暖かく家族に迎えられるクリス。だが、家の黒人の使用人やメイドの態度や視線に何か違和感を感じる。

その翌日出席したパーティーで、白人ばかりの招待客の中に一人だけ黒人を見つけて話しかけるクリス。思わずスマホで彼の写真を撮ろうとするが、フラッシュが光った瞬間彼の様子が豹変し、「すぐにここから出て行け!」とクリスに襲いかかる。

果たして事件の真相は?クリスは生きてここから脱出出来るのか?

人種差別や偏見と思わせて実は!事件の真相が斬新過ぎてコワい!

ポスターから受ける印象通り、やっぱり黒人がターゲットになる『ホステル』的展開の監禁拷問ホラーなのか?

いや、実はホラーにサスペンス、時にコメディ要素を巧みに織り交ぜながら予測不可能の展開を見せる、とても一つのジャンルには収まりきらない傑作だった!

何と言っても本作の魅力は、出演キャストのその表情!ポスターでも印象的な、主演のダニエル・カルーヤの恐怖に怯える表情はもちろん、黒人使用人やメイドの不気味な表情など、主人公が知らない内に何か重大な事件が起ころうとしている!そんな予感が彼らの表情から伝わってくるのが上手い。

(C) 2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

恋人の家族との会食や、白人だけのパーティーに黒人が自分一人だけという、ただでさえ不安な状況下で次第に恐ろしい計画に巻き込まれて行くクリス。てっきり事件の原因が、周囲の人間が持つ黒人への偏見と差別にあると思わせて、実は・・・。

そう、実は本作の面白さと成功の要因は、この犯人側の動機の斬新な設定による所が大きいのだ。

映画の序盤は、こうした動機や理由が全く観客に提示されないため、更に漠然とした意味不明の恐怖が、観客を襲うことになる。特に怖いのが、クリスが深夜に庭を散歩中、黒人の使用人が遠くから全力疾走で向かってくるシーン!

ここは映画鑑賞後に初めて「あ、だから走ってたのか!」と観客に分かるシーンなのだが、ありえない状況と場所で予想外の行動を取られることが、まさかこれほど怖いとは!

(C) 2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

更には恐怖だけで無く、笑えるコメディ要素も散りばめられている本作。残念ながら日本人にはあまりピンと来なかったり、気がつかない物も多いのだが、その中でもローズがノートパソコンに夢中で物音に気がつかないシーンで、イヤホンが耳から抜けると聞いてた音楽が流れ、なんと『ダーティーダンシング』の主題歌を聞いてたと判明する、というギャグが秀逸!

恋に恋するお年頃の乙女が、必ず一度はハマる映画として有名な『ダーティ・ダンシング』。結構映画やドラマではネタにされているギャグなので、これには気が付いた方も多いのでは?

基本設定に『悪魔のいけにえ』を上手く取り入れるなど、過去のホラー映画をかなり研究している本作。

だが、過去のホラー映画にあった様な、人が殺され血が流れるという単純な犯罪では無く、ここで描かれるのは更に恐ろしく残酷な計画だ。他人の意思や存在その物を自分達の自由にしようとする、犯人たちの狂気と怖さ!一人の狂った主導者により、その家族や周囲の人間までもが狂気の行動に走るという展開は、正に現在のアメリカの主導者に対する批判や皮肉と取ることも出来るはずだ。

まだまだホラー映画には様々な可能性が秘められている!そんな明るい希望を観客に与えてくれる本作。

ホラー映画が苦手な女性にこそ、全力でオススメします!

(C) 2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

最後に

見知らぬ土地で遭遇する人種差別の恐怖を描くと見せかけて、実は黒人の優れた部分に対し、白人が無意識に抱いている憧れや劣等感を描く本作。

良くある偏見や差別からの犯行では無く、逆に好き過ぎた結果が一周回ってこうなるという、犯人側の目的とその理由が実に斬新!そう思って見ると、犯人側の動機にもちょっぴり同情の余地があるような気が・・・。

もちろん、被害者にとっては本気で迷惑な話だが、人種差別や偏見に対しての監督一流の皮肉として考えると、その裏側に潜む深刻な問題が見えてくるはずだ。実際ラストシーンは、主人公が警察に逮捕されて終わるバージョンも撮影されたらしいが、やはりこの劇場公開版の方が、観客がスッキリして劇場を後に出来る。

映画の終盤でクリスが見せる一発逆転のアイディアなど、最後の最後までとことん観客を楽しませようとする、そのサービス精神が実に見事な本作!見終わって、思わず「もう、お腹一杯で入りません!」と言いたくなる程の、その過剰接待振りが素晴らし過ぎるだけに、とにかく事前情報を極力遮断して、何も知らずに劇場に出かけるのがオススメです!

このライターの記事をもっと読みたい方は、こちら

(文:滝口アキラ)

関連記事

満足度99%!低予算映画『ゲット・アウト』がアメリカでNo.1大ヒットになった4つのワケ

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com