『グッバイ、リチャード!』レビュー:命短しジョニデ教授のハチャメチャ授業!

(C)2018 RSG Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

もし、あなたがガンで余命を宣告されたら?

あまり想像したくはない事象ではありますが、もっとも映画やドラマではこうしたシチュエーションに基づくストーリーが数多く構築されてきています。

今や説明の必要もない大スター、ジョニー・デップが主演する『グッバイ、リチャード』も、ガンで余命180日を宣告された大学教授の物語…ではあるのですが……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街496》

これが何とも見る側の予想を覆す、ぶっとびかっとびの痛快余命ライフを繰り広げていくのでした!

ガン宣告&妻の不倫を聞かされた
プッツン大学教授の余命180日

(C)2018 RSG Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

繰り返しますが、『グッバイ、リチャード!』の主人公は大学教授のリチャード(ジョニー・デップ)です。

自他ともに認めるような真面目&エレガント&博学な男で、素直な妻子にも恵まれ、何不自由ない生活を送っていた彼でしたが、ある日突然医者から余命180日を宣告されてしまいました。

末期ガンです……。

当然ながらショックを受けるリチャードに追い打ちをかけるかのように、病気のことを知らない妻ヴェロニカ(ローズマリー・デヴィッド)から、何と彼の上司と不倫していることをわざわざ本人の口から告白されてしまいました!?

さらには思春期真っただ中の娘からは、自分がレズビアンであることをカミングアウト!?

かくして、それまで真面目一筋に生きてきたリチャードの心の糸はプッツン!

死を目前に控えて、もう怖いものなど何もない!

とばかりに、リチャードは残りの人生を自分のために謳歌しようと決心するのでした。

他人に対して遠慮なくあけすけにモノを言うようになり、授業中にマリファナや酒を愉しみ、またその授業も生徒の大半がいなくなるようなハチャメチャなものと化し、プライベートでは妻の不倫相手を皮肉ってみたり、娘の恋を応援したり……。

こうした規制のモラルに縛られない自由な生き方を始めたリチャードですが、自分の病気のことだけは、妻子に伝えていません。

知っているのはただ一人、泣き虫の同僚で泣き虫の友人ピーター(ダニー・ヒューストン)だけです。

そうこうしているうちに、生徒たちや娘からは逆に慕われるようになっていき、本人も破天荒ライフが板につくようにもなっていくのですが、同時に彼の“終わりの日”も刻一刻と迫っていきます。

そして最期に彼が選んだ道とは……?


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com