池田秀一は田中真弓だった?『ガンダムとその世界』トークショーレポート

第28回東京国際映画祭の特集上映『ガンダムとその世界』として、10月25日(日)、新宿ピカデリーで、『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』が上映され、安彦良和総監督とキャスバル・レム・ダイクンを演じた声優の田中真弓さんによるトークライブが開催されました。

安彦良和監督がシャアとセイラの物語をアニメ化!『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』

初代『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザイナー、アニメーションディレクターである安彦良和氏が、自身が原作のコミック『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』の『シャア・セイラ編」を自ら総監督をつとめてアニメ化。今回、上映された『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』は、その記念すべき第1話です。

「キャスバル役は田中さんに」安彦監督のラブコール!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ライターの石井誠さんの司会でトークショーはスタート。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

冒頭、「緊張しないようにTシャツを着てきたんですけど、やっぱり緊張しています!(笑)」と、会場を和ませた田中真弓さん。『ドラゴンボール』のクリリン、『天空の城ラピュタ』のパズーなど、アニメファンの心に残る役を多数演じ、現在も『ONE PIECE』 のモンキー・D・ルフィ役をつとめるなど、長年、第一線で活躍されていますが、意外にも『ガンダム』シリーズへの出演は、この『ORIGIN』が初。

初出演にして、『ガンダム』屈指の人気キャラ、シャア・アズナブルの子供時代、変声期前の少年キャスバルを演じた田中さんですが、実はこの配役は、田中さんの「一方的に押しかけファン」だという安彦良和監督のラブコールで実現したものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

作品のキャスティングは、藤野音響監督に一任されていましたが、ただ一人、キャスバルの声だけは田中さんにと安彦監督が希望。当初、藤野音響監督は「田中さんは、もうイメージができている」と難色を示したそうですが、大胆に要望したとのこと。

このエピソードを聞いて、「藤野監督は嫌だったんだ…」とショックを受けていた田中さん。しかし、その後、コンビニでおでんを頼んだとき、声でレジの店員に「あなた、『ONE PIECE』の人でしょ?」と、ばれてしまった話を監督とともに披露。ルフィ役などのイメージが強いことを自身でも認め、「嫌だった気持ちもわからないでもない…嫌だったのか?」と突っ込みながら、観客を笑わせてくれました。

『巨神ゴーグ』から、「池田秀一は幼いとき、田中真弓だったんだ」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「少年ボイスが無理なく出る。普通は(女性が少年役をやると)“作り”感があるけれど、田中さんの声はいかにも自然だなという感じがしている」と、田中さんの声と演技を絶賛する安彦監督。二人はこれまで何度も一緒に仕事をしており、安彦監督がキャラクターデザインを担当した『白い牙 ホワイトファング物語』(1982年放映)、監督をつとめた『巨神ゴーグ』(1984年放映)で、いずれも田中さんは主役を演じています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

安彦監督がキャスバル役を田中さんにと思ったきっかけは、実は『巨神ゴーグ』。この作品には、シャア役の池田秀一さんも出演しており、最近出た同作品のムック本で田中さんと池田さんが対談しているのを見て、「シャアって田中さんだよな。池田さんは幼いとき、田中真弓だったんだ」と思いついたと、監督は配役を決めた理由を明かしてくれました。


    ライタープロフィール

    田下愛

    田下愛

    フリーランス・ライター。雑誌、書籍、Webメディアで、幅広いジャンルの仕事をこなして活動中。ファンタジー映画が大好物で、『オズの魔法使い』『ナルニア国物語』『アリス・イン・ワンダーランド』など、魔法やおとぎの国を扱った作品にはすぐ飛びついてしまいますが、一方、『レインマン』のような人間をきっちり描いたドラマも好き。石ノ森章太郎先生をリスペクトする昭和特撮フリークでもあります。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com