映画「破門 ふたりのヤクビョーガミ」完成披露舞台挨拶で暴露!?横山裕を鼓舞したのは意外なあの人…?

12月13日(火)丸の内ピカデリーにて、映画「破門 ふたりのヤクビョーガミ」の完成披露舞台挨拶が開催。アライバルセレモニーに続いて主演の佐々木蔵之介さん、横山裕さんなど8名が登場しました。
映画「破門 ふたりのヤクビョーガミ」アライバルセレモニーの様子はこちらから。

dsc02338_1200
(左から、小林聖太郎監督、北川景子さん、佐々木蔵之介さん、橋爪功さん、橋本マナミさん、原作者・黒川博行さん)

「蔵さん」コールがうらやましい…?

dsc02253_1200
佐々木さんが挨拶をしようとすると、客席から「蔵さーん!」の声が。
「今まではせまい試写室で関係者への試写会だけだったので、こんなに多くのお客さんに楽しんでもらえると思うと、すごく嬉しくもあり、ドキドキもしています」と笑顔でコメント。

続いて、「誰か、横さーん!っていうかと思ってたのに」と笑いながら話す横山さんに、佐々木さんも「な、思てたな(笑)」と関西弁で相槌を。劇中とは違う、仲よさげなふたりの姿が垣間見られました。
そんな横山さんは、「今日を迎えて一安心しています。面白かったらいろんな方に伝えてください」と挨拶。

dsc02278_1200
「ヅメさーん!」の声待ちの橋爪さんのお茶目な姿も。橋爪さんは、佐々木さんと横山さんが演じる桑原保彦と二宮啓之に出資詐欺を仕掛ける、詐欺師の小清水隆夫を演じています。

関西の血が騒ぐ?横山裕の欲しがりな一面も

「喧嘩にめっぽう強くて、金勘定が得意でユーモアがある。それで裏社会を生き抜いている、男が惚れる男」と自身の役を紹介した佐々木さん。
dsc02323_1200
撮影は格闘シーンから始まったそうで、「(登壇したキャストを)だいたい殴りました。橋本さんにも乱暴をしたし、ヅメさんには、本番ちょっと強めに踏みました(笑)」と撮影を振り返ると、会場からは笑いが。
キャリアの中ではなかなかない役で関西弁も自在に使えたことから、とても楽しんで演じることができたそうです。

横山さんは、今回が単独初主演ということで、座長として心持ちが違ったのでは?と尋ねられると「蔵之介さんもいますし、全然意識してなかったです。諸先輩方がいるので、胸を借りるつもりで挑んでました」とのこと。
芝居の面では現場に入った段階で関係が出来上がっていたそうで「台本が面白かったので、狙い過ぎずに台本に身を委ねて、蔵之介さんの呼吸に合わせてやりました」と話し、「すっげぇ真面目に話してますけど…」と不安げな顔をする横山さん。MCから「普通はそういうもんです。欲しがってますね〜」とツッコまれていました。


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事