「花のち晴れ」最終回だけでも楽しめる!5つのポイント

今夜最終回を迎えるドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」。
杉咲花さん主演、平野紫耀さん(King & Prince)、中川大志さんらが出演しています。

そして、「花より男子」シリーズの新世代キャラクターが繰り広げる”もうひとつの花男”として放送前から期待が高まっていたドラマです。

「花男」を思わせる部分もありながら、まったく新しい作品として楽しませてくれました。それぞれのキャラクターに愛着が湧いて、最終回を迎えるのが寂しい視聴者も多いはず。

今回は、最終回のあらすじを予習しながら、見どころをご紹介します!

第11話のあらすじ

音(杉咲花)への気持ちを断ち切れない晴(平野紫耀)は、父・巌(滝藤賢一)の提案で音の婚約者で桃乃園学院の生徒会長である天馬(中川大志)との武道大会で勝負することに。

晴が率いる英徳学園と桃乃園の戦いであると同時に、音をめぐる”愛とプライド”を賭けたぶつかり合いに、音は複雑ながらも天馬の応援席へ。

試合当日、晴は天馬に柔道で秒殺され、右手首を負傷してしまう。

一方、天馬は音を襲撃した英徳狩りの首謀者が近衛(嘉島陸)だと知り衝撃を受ける。

晴と天馬による”恋の決闘”の行方は!?

そして、音・晴・天馬が下した”自分らしく生きる”ための決断とは…。

公式HPより

それぞれの恋の行方はどうなる? 5つの注目ポイント

1:音は自分の気持ちに素直になれる?

杉咲花さん演じる江戸川音は、天馬との結婚のため、英徳学園を卒業するという条件をクリアしなければなりませんでした。

そんな中、英徳を率いるC5の神楽木晴と出会い、音が庶民であることや晴がヘタレ男子だということをお互いに知っていながら少しずつ距離を縮めてきました。

普段の二人の軽快な会話はもちろん、遊園地でうっかり同じ観覧車に乗ってしまったり、映画を観たら同じ場所で笑って泣いて、これまで、ふたりの相性の良さを存分に発揮してきました。

何より音が晴のことを好きだと自覚したのは、桃乃園学院の近衛によるいやがらせの後。近衞をかばう天馬に対して、晴の「(好きな女の子のことを信じる)一択だろ!」はパンチがありすぎて惚れ惚れした視聴者も多いのでは。

ヘタレ男子のイメージが強かった晴の株が急上昇した瞬間でもあり、音の気持ちが晴に傾くのも納得です。

そして迎えた武道三番勝負。
音の目には、圧倒的に不利な晴がどう映っているのでしょうか。

これまで、周りのことを想って気を使ってばかりいた音が、最終回では本心を見せて、晴に気持ちを伝える事があるのでしょうか。

これまでロングヘアがトレードマークで、大人な印象を抱いていた杉咲花さんの愛らしい一面を、音を通してたくさん観ることができました。最終回でも、魅力が詰まったお芝居が期待できそうですね。

2:晴に受け継がれた「道明寺司」の精神

道明寺に助けられた過去から、「花男」のF4に心酔している晴。
ドラマの前半ではヘタレなイメージが強く、喧嘩もまったく話にならないといった具合でしたが、後半になるにつれて、男らしく芯の強さが出てきました。

とくに、天馬との武道三番勝負では、これまでになかった晴の魅力を垣間見ることができています。練習の過程で粘りづよく食らいつく様子は、親との確執もありながら、牧野つくしとの愛を貫いた道明寺の頑固な一面を受け継いでいるのでは、と思わされます。

ここぞという場面で全力を注ぐことができるところ、誰が見ても素敵に映りますよね。

晴を演じた平野さんは、5月に「King & Prince」としてCDデビューし、デビュー曲は「花晴れ」の主題歌です。そして「花晴れ」のほか、今年は2本の映画に主演し、注目度が高まっています。

晴としても、平野さんとしても、ドラマが回を重ねるごとにメキメキ成長する様子が見てとれて、最終回も最後の最後まで楽しみです。

3:こんな中川大志、観たことなかった!

音と婚約者として仲睦まじい様子を見せていましたが、後半になるにつれて雲行きが怪しくなってきたのが、天馬です。

これまで中川大志さんが演じてきた役は、作品がラブストーリーなら恋が成就するキャラクターが多かったので、天馬としての悲痛な様子を観て、こんな表情もできるのかとびっくりさせられます。

晴に惹かれていく音を見るたびに不安になる天馬の気持ちもわかるだけに、切実でリアルな表情が胸に刺さりました。

最終回の武道三番勝負では、天馬がすでに柔道で一勝し、王手をかけた状態からスタート。なにより、柔道、剣道、弓道のすべてで全国大会で優勝した経験があり、負けるはずがない戦いです。

少しでも天馬のかっこいい場面がみたいけれど・・・、晴との戦い、どうなるのでしょうか。

4:愛莉とめぐりんにも笑顔になってほしい!

晴が好きな気持ちは音にも負けないけれど、恋が成就しないふたり。最終回は、ふたりにとっても笑顔になれる結末を期待したいところです。

飯豊まりえさん演じる人気モデルのめぐりんは、今も事実上は晴と付き合っていますが、晴の気持ちが音に向いていることははっきりとわかっています。

そんな晴の気持ちをわかっていながら、絶対に離さないとするめぐりんの健気な姿と、それ以上の強さに胸を打たれますが、晴と結ばれるということは・・・あるのでしょうか。

そして、今は完全に晴や音の恋を応援している愛莉も、最初は晴が好きであるばかり、ひどい行動を取る場面もありました。言いたいことをハッキリ言う姿勢、自分の気持ちに素直な部分は、愛莉の魅力であり、憧れますね。

今田美桜さんがこれ以上ないほど可愛くてお嬢様な愛莉を演じていて、まさにハマリ役と言えるキャラクターだったように思います。

5:音を支えた紺野さんの恋も・・・

最近、音沙汰がなかった紺野さんの恋も忘れてはいけません。音や晴とダブルデートをしたこともあり、紺野さんの恋の行方が気になっている人もいるのではないでしょうか。

何より、バイト先で音の相談に乗ったり、家でたこ焼きパーティーをしたりと、愛莉やめぐりんからも慕われていた紺野さん。恋のアドバイスをくれたり、一緒に喜んだり悲しんだりしてくれた、お姉さん的な貴重な存在でした。紺野さんも最後まで見逃せませんね。

「花晴れ」最終回は今夜10時から!

連続ドラマといえば、多くは10話で最終回を迎えますが、「花晴れ」はめずらしく全11話。とはいえ毎回ドキドキする展開で飽きさせることなく、楽しませてくれました。

続編に期待したいところですが、ドラマでの音や神楽木、馳とは今夜で一旦お別れです。存分に堪能して、それぞれの奮闘や決断を見守りたいですね。

「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」は今夜10時から最終回放送です!

(文:kamito努)

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com