橋本淳、『スーパー戦隊』に抜擢された当時を振り返る「今思うと本当に恐ろしい」

舞台、ドラマ、映画と数々の作品に出演し、役者として着実に経験を重ねている橋本淳さん。11月9日に開幕する舞台『カリギュラ』、そして来年2月に上演される『泣くロミオと怒るジュリエット』にも出演します。

演劇界で引く手数多の橋本さんの魅力に迫るべく、今後の出演作のお話はもちろん、原点ともいえる『魔法戦隊マジレンジャー』についても、当時を振り返って語っていただきました。

──『カリギュラ』で橋本さんが演じられるのは、菅田将暉さん演じるカリギュラと対峙していくケレアという役ですね。

橋本淳(以下、橋本):そうですね。『カリギュラ』は、アルベール・カミュというフランス文学で有名な作家が描いた作品なのですが、きっとカミュ自身もいろんな迷いがありながらも、自分の転換期のときに生み出した作品なんじゃないかなと思っていて。カリギュラとケレアは、カミュの中で共存していた彼自身のような気がするんです。

ケレアは冷静であり聡明な人。カリギュラとも深い根っこの部分では繋がっているけど、お互いの論理がずれてしまって、戦っていくことになる。カリギュラの殺害を企てるクーデターの首謀者で、革命を促していくという役ですね。

──カリギュラは最愛の妹を亡くしたあとに性格が豹変してしまい、残虐非道な行為に走ってしまいます。

橋本:そうですね。でも、カリギュラの周りにいる、ケレアを含めた4人の人物は、カリギュラが何か意味を持ってそういうことをしているということに気付いてはいるんです。ケレアは論理から彼を理解しようとして、秋山菜津子さん演じるセゾニアは愛で彼を理解しようとする。高杉真宙さん演じるシピオンは、芸術から理解しようとして、谷田歩さん演じるエリコンは、カリギュラに服従することで、それぞれがなぜこうなってしまったのかを理解していくという、大まかにいうとそういうストーリーですね。

──台本を読まれたときの印象はいかがでしたか?

橋本:実は7月に台本はいただいていたのですが、それから毎日、開いていますね。カリギュラの台本の表紙って、真っ赤なんですよ。誰かと話していても、電車に乗っていても、その赤が頭にチラつくんです。夢にまで出てくるぐらい(笑)。今日に至るまでずっとそう。それぐらい、考えることが多い作品ですし、怖くもあるし、楽しみでもあるなと。

──本作はあらすじなどを見るかぎり、哲学的で難解な作品という印象を受けます。

橋本:僕も20代前半で『カリギュラ』を読んだときは、まったく分からなかったですね(笑)。言っていることも分からないし、哲学的だから難しいって突っぱねてしまった部分もあります。でも、今回この作品に出演すると決まってから、改めて、『カリギュラ』と向き合ってみたんです。まだ分からない部分も多いし、「これを本当にやるのか?」「怖いな」と思ったりもしましたが、作品を理解するには、まず作者であるカミュのことを勉強しないといけないなと思ったんです。

──原作者が何を考えてこの作品を作ったか、というところから理解されていったんですね。

橋本:そうですね。そもそもの哲学の成り立ちや、有名な哲学者であるアリストテレス、ニーチェについても調べて、その人たちがどうやって哲学を紡いできたのか。そして、その中でカミュがどの哲学を大切にしてきたのか、と。

そうやってカミュの人生をひとつひとつ辿っていくと、不思議と『カリギュラ』についても理解を深めることができました。確かに哲学的な話ではありますけど、テーマとしては「人はどんな意味があって生を受けて、生きて、死んでいくのか」という、全ての人間が抱えているものがベースになっているんです。変に不条理、哲学という難しい言い方で形容してしまっているから、つかめない感じがするのですが、しっかりと例え話をしながら説明すれば、きっと誰でも理解できる作品なんだと思います。

──公式サイトでのコメントでも「刺激的な稽古になりそう」というお話もされていましたが、キャストの方々とはどんなやりとりを?

橋本:まだ本格的な稽古に入ってはいないのですが、菅田くんや谷田さんと「どうやっていきます?」みたいな感じで話したりはしましたね。みんなやっぱり、僕と同じようにすごく考えて悩んでいるんだなと思いました。

どの役も理解しようとしてすぐ理解できる役ではないし、どこか掴みどころのない役でもあるので、みんな苦戦しているなと。でもこれから、稽古を重ねて、みんなで協力しながら作り上げていけたらと思っています。僕らなりの座組の答えがきっとあるので、ゆっくり見つけていきたいです。

──菅田さんとは本作が初共演になりますが、お会いするのも初めてですか?

橋本:そうなんですよ。でも、なんか初めて会った気がしなくて。共通の友人に中村倫也くんがいますし、僕は菅田くんが出演している舞台も観に行っていたので、会ったことがある気がしていて。菅田くんも同じように感じてくれていたらしくて、最初に「初めましてですよね?」って言われて、僕も「そうだよね?」って言って、挨拶しました(笑)。

──橋本さんから見た菅田さんは、どのような役者ですか?

橋本:どの作品でも世界観をしっかりと掴んでいくし、どんな役にでも憑依する役者という印象です。感覚でやっているように見えるけど、実は理論を組み立てて作っていっているんだろうなと。実際に会って話してみても、すごく頭の回転が早い方だなと思いました。

本読みの段階でも、菅田くんの爆発力がすごいなと感じたので、これがさらに磨かれていったらどうなるんだろうという楽しみもあるし、僕としてもうまく絡んでいきたいなと思っています。

裏がある役を演じるのは楽しい

──来年の2月に開幕する『泣くロミオと怒るジュリエット』についてもお話を聞かせてください。本作はシェイクスピアの『ロミジュリ』をオール男性キャストで、全編関西弁という面白い試みの作品となっています。

橋本:僕は桐山照史さんが演じるロミオの親友・ベンヴォーリオという役をやらせていただきます。『ロミジュリ』という有名な作品をベースに、作・演出の鄭義信さんがスパイスを与えているのですが、ベンヴォーリオは、原作よりもちょっとミステリアスで、腹に一物あるなっていう感じの、少しクセのある役になっています。

──橋本さんは、そういうクセのある役を演じることが多いような気がします。

橋本:そうなんですよね。なんでだろう? 僕自身にクセがあるということなんですかね? こんな好青年なのに(笑)。

──ご自分ではクセがあるとは思っていない?

橋本:クセのある人って自覚しているのかな(笑)? 自分ではよく分からないですけど、でも裏がある役を演じるのは楽しいですね。人には誰しも裏があるとは思いますけど、分かりやすい役よりも、表現しづらい役を与えてもらった方が、演じる側にとってはとてもやりがいがあります。

──親友という関係性を演じる桐山さんとは初共演ですか?

橋本:そうですね。でも、桐山くんと同じジャニーズWESTの重岡大毅くんとはこの間、ドラマ『これは経費で落ちません!』で共演していて。重岡くんに、僕と桐山くんが舞台で一緒になることを伝えたら、重岡くんが桐山くんにメールを送ってくれたんです。少なからずの繋がりというか、共通の知り合いがいるということを認識できたので、話しかけやすくなったなと。

──先程の菅田さんとも共通の知り合いが…というお話もありましたね。

橋本:そうなんです! 僕、そういうのばっかりなんですよね。会ったことないけど面識はあるみたいな(笑)。でも年齢もわりとみんな近いですし、こちらも稽古が始まるのが楽しみですね。

──では改めて、本作の見どころをお願いします。

橋本:『ロミオとジュリエット』と聞くと、大体の人がストーリーを知っているじゃないですか。だからこそのオール男性キャスト、全編関西弁がとてもキャッチーに活きてくる作品だなと。桐山くんと柄本時生くんの2人がどんなロミオとジュリエットを見せてくれるのかも楽しみですし、鄭さんならではのメッセージ性も強く感じることができる作品になると思います。

──もともと『ロミオとジュリエット』が好きな人でも、逆にシェイクスピア作品にあまり触れたことがない人でも楽しめそうですか?

橋本:もちろん楽しめると思います。『ロミオとジュリエット』以外のシェイクスピア作品の小ネタも入ってきますし、関西弁だからこその「それちゃうやろ!」みたいな漫才っぽいくだりもあるので、誰が観ても面白いと思いますね。稽古はこれからですけど、精一杯、頑張っていきたいと思っているので、ぜひ楽しみにしていてください。

『魔法戦隊マジレンジャー』での経験から得たもの

──ここからは橋本さんのルーツでもある「スーパー戦隊」についてのお話も。デビューしてすぐに『魔法戦隊マジレンジャー』で小津魁/マジレッド役に抜擢されましたが、改めて、当時を振り返ってみていかがでしょうか?

橋本:まだデビューして1年ぐらいのときに『マジレンジャー』のオーディションを受けたのですが、まさか受かるとは思っていなかったですね(笑)。すごく驚きました。そのとき、僕は17歳だったのですが、当時レッドとしては最年少だったんですよね。『マジレンジャー』のメンバーは平均年齢が19歳だったので、「スーパー戦隊」の中でも本当に若い代だって言われていました。

──特に印象的だったことは?

橋本:僕らのときは、16mmフィルムで撮影をしていて、全編アフレコという形だったんです。だから現場に録音部さんもいないですし、フィルムの特性上、撮り直しができないんですね。だからNGを出すとめちゃくちゃ怒られました(笑)。次の代の『轟轟戦隊ボウケンジャー』からはデジタル方式での撮影に変わったみたいなんですけど。だからちょっと特殊な経験をしたと思います。

──『マジレンジャー』から得たものを特にあげるとすれば、いかがでしょう?

橋本 たくさんありますね。芝居の基礎はもちろん、アクションシーンでは体の使い方も教わりましたし、現場の居方も学びました。17歳の僕が主役という大役を背負って、1年半、撮影と全国ツアーをやらせてもらえたということは、今思うと本当に恐ろしい話ですよ(笑)。責任の重みがすごいですよね。

──そこで培ったものが今に活きている?

橋本:そうですね。『マジレンジャー』に出ていなかったら、その後の朝ドラもないし、朝ドラがなかったら、その後の舞台もない、というように、全ては繋がっていると思うので。誰かがどこかで観てくれているから、いつでも手は抜けないなって感じます。

──『マジレンジャー』が放送されていたのが2005年なので、もう12年前になるんですね。

橋本:いや~! 当時、観てくれていた人たちが今はもう大人ですからね。ファンの方からも、「今は息子にDVD観せています」とか、「当時は3歳だったけど、今DVDで観ています」とか、そういう声ももらいますし、ビックリしますよね(笑)。僕はもう変身していないのに、テレビの中では変身しているんだなって思うと感慨深いです。改めて、偉大な作品に関わらせてもらったんだなと感じますね。

──現在放送中の『騎士竜戦隊リュウソウジャー』には、事務所の後輩・兵頭功海さんも出演されていますね。先輩として、ぜひアドバイスを。

橋本:一生、記憶に残る作品になると思うので、楽しんでほしいです。あとは、子供たちの夢を背負っている作品なので、「スーパー戦隊」に出ているからといって驕らずにいてほしいですね。子供たちの夢を壊さないように、そこだけは大切にしてほしいかな。兵頭くんが演じているカナロって、婚活してるんですよね? すごいなぁ。時代は令和ですよ(笑)! 頑張ってほしいですね。

スケッチブックトーク

最後に、『カリギュラ』、『泣くロミオと怒るジュリエット』にちなんだ質問に、スケッチブックで回答していただきました。
今後、またシェイクスピア作品に出演するとしたら、演じてみたい役は?

橋本:「ハムレット」ですね。僕、純粋なシェイクスピア作品ってやったことないんですよ。先日、菊池風磨くんが主演を務めて、森新太郎さんが演出をした『HAMLET —ハムレット—』を観に行ったのですが、素晴らしかったんですよね。苦悩を抱えた王様という役を、僕もやってみたいなって思いました。いずれ挑戦してみたい役です。名セリフでもある「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」って言いたいですね(笑)。
映画版の『カリギュラ』からは“カリギュラ効果”という造語も生まれましたが、橋本さんにとって「禁止されればされるほど、やりたくなってしまうこと」とは?

橋本:甘いものです。体を絞っているときはやっぱり我慢しますし、昨日の夜も甘いもの食べたくなったんですけど、取材があるし、肌が荒れたら嫌だなって思って我慢しました(笑)。僕はすあまとか求肥とか、もちもちした食感の和菓子が大好きなんです。もしこの仕事をしていなかったら、たぶんずっと食べていますね(笑)。

■橋本淳さんの映画連載はこちらから

公演情報

『カリギュラ』
作:アルベール・カミュ
翻訳:岩切正一郎
演出:栗山民也
出演者:
菅田将暉 高杉真宙 谷田 歩 橋本 淳 秋山菜津子
原 康義 石田圭祐 世古陽丸 櫻井章喜 俵 和也 野坂 弘 坂川慶成
石井 淳 石井英明 稲葉俊一 川澄透子 小谷真一 小比類巻諒介 西原やすあき 高草量平 原 一登 平野 亙 峰崎亮介 吉澤恒多

【東京公演】 2019年11月9日(土)~11月24日(日)
新国立劇場 中劇場

【福岡公演】 2019年11月29日(金)~12月1日(日)
久留米シティプラザ ザ・グランドホール

【兵庫公演】 2019年12月5日(木)~12月8日(日)
神戸国際会館こくさいホール

【宮城公演】 2019年12月13日(金)~12月15日(日)
仙台銀行ホールイズミティ21 大ホール

『泣くロミオと怒るジュリエット』
作・演出:鄭 義信
出演者:
桐山照史、柄本時生、橋本 淳、元木聖也、高橋 努、
岡田義徳、朴 勝哲、みのすけ、福田転球、八嶋智人、段田安則
岩男海史 白石惇也 鈴木幸二 砂原一輝 西村 聡 平岡 亮 ふじおあつや 水谷 悟
宗綱 弟 ワタナベケイスケ

【東京公演】2020年2月8日(土)~3月4日(水)
会場:Bunkamuraシアターコクーン

【大阪公演】2020年3月8日(日)~15日(日)
会場:森ノ宮ピロティホール

(撮影:八木英里奈、取材・文:榎本麻紀恵)

関連記事

神木隆之介に「潰してやる!」と橋本淳が宣言!?ドラマ「刑事ゆがみ」先輩後輩対談
結末を知っているはずなのに…それでも『アルキメデスの大戦』に心動かされる理由
「男女の友情はありえるか?」という問いに答えは見出せるのか
『月極オトコトモダチ』予告編|悩めるアラサー女子、友達を月極レンタル!?


    ライタープロフィール

    榎本 麻紀恵

    榎本 麻紀恵

    女性向けメディア、エンタメメディアの編集を経て、現在はフリーの編集、ライターとして活動中。美少女、美少年を愛でるのが生きがい。映画は絶対一人で観たい派。特撮、アイドル、2次元など、夢のあるものが大好きです。

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com