『ハニーボーイ』レビュー:子役とステージパパの確執から窺える人間ドラマ

(C)2019 HONEY BOY, LLC. All Rights Reserved. 

かつて芸能界では「子役が大人になって大成するのは難しい」などと言われたりしていたものですが、よくよく振り返ると必ずしもそうとは言い切れず、要はその人自身の生きざま次第でしかないようにも思われます。

『トランスフォーマー』シリーズなどでスターとして名を挙げたシャイア・ラブーフも10代の頃からスタンダップ・コメディアンとして活動してきた、いわゆる子役出身俳優ですが、スターダムにのし上がって以降、ハリウッドの罠にはまって一時は低迷を余儀なくされたものの、今はまた再び旺盛に活動を再開させています……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街492》

映画『ハニーボーイ』は、そんなシャイア・ラブーフが自身の子役時代の思い出を基軸に構築した脚本を映画化したものです。

そこに綴られているのは、ダメダメなステージパパとの関係性であり、当時と今との自分を比較してみたら、何が違って何が同じなのか? という自問自答が繊細なエンタメとして機能していく見事な“少年の旅立ち”映画であり、秀逸な人間ドラマなのでした!

スターが厚生施設で回想する
子役だった頃の父との関係

『ハニーボーイ』の主人公は、若くしてハリウッドのトップスターに躍り出たものの、激しいストレスから酒に溺れ、泥酔して事故を起こしたことからPTSDの可能性があるとして厚生施設に入れさせられたオーティス(ルーカス・ヘッジス)です。

彼は施設で今までの思い出をノートにまとめるように言われますが、そこで真っ先に思い出すのは父ジェームズのことでした。

しかし、父との思い出をなかなか素直に文字にすることができないオーティスは、カウンセラーにそれを見抜かれ、本当のことを書くように諭されます……。

人気子役として活躍していた12歳のオーティス(ノア・ジュプ)の父ジェームズ(シャイア・ラブーフ)は心に傷を負った退役軍人で、いつも突然感情を爆発させるキレやすい無職の前科者。

つまりはオーティスのステージパパを気取りつつ、その実我が子の稼ぎに頼り切って生きているダメダメな親父なのでした。

子役の仕事そのものは順調なのに、傍若無人なジェームズに振り回されっぱなしのオーティスでしたが、決して全面的に父のことが嫌いなわけではなく、しかしながら少しずつ成長していく中で、次第にエスカレートしていく彼に反抗するようにもなっていき、そして……。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com