『本気のしるし〈劇場版〉』レビュー:どダメ女にはまったクール男の顛末とは?

(C)星里もちる・小学館/メ~テレ

まずはストレートに、深田晃司監督の最新作『本気のしるし〈劇場版〉』は2020年度の日本映画を代表する屈指の1本であると断言しておきます。

もともとは星里もちるの同名コミックを原作に、2019年にめ~てれ(名古屋テレビ)ほかでオンエアされた同名ドラマを再編集したものです。

本作は深田監督にとって珍しい原作ものであり、初のTVドラマ演出でもありましたが、オンエア中は視聴者の予想を優に超えたストーリー展開やキャラクターの言動などで話題沸騰となり、こうした支持を受けて深田監督自ら堂々232分のディレクターズカットとしての“映画”を完成させ、何と本年度のカンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション2020にも選出されたのでした!

地方局の深夜ドラマからカンヌへ、そして10月9日から東京のシネリーブル池袋、キネカ大森、横浜のシネマ・ジャック&ベティを皮切りに全国順次公開される本作、では一体何がすごいのかと申しますと……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街510》

これがもうとんでもないくらいすさまじいどダメ女にはまってしまったクール男の怒涛のような転落劇であり、しかもそこから現代における男女の関係性などが巧みに垣間見えていくエンタテインメントの一大快作なのでした!

天然こじらせ女を助けたことが
人生の事故の始まりだった!

『本気のしるし〈劇場版〉』の主人公・辻一路(森崎ウィン)はサラリーマンとして仕事ができて人当りも良く、職場の後輩・藤谷美奈子(福永朱梨)から一方的に好意を寄せられる一方、先輩の細川尚子(石橋けい)と割り切った関係を続けています。

もっとも彼自身の内面はどこかしら冷めきっていて、何事に対してもクールに対峙してしまうことで退屈な日常を過ごしていました。

そんなある夜、辻は車のエンストで踏切に挟まれ、立ち往生していた葉山浮世(土村芳)の命を救いました。

ところが、その後の警察の取り調べで、彼女は運転していたのは自分ではなく彼だったと嘘をついたり、帰宅するお金がないから貸してほしいと頼んだり……。

あまりにも気が弱く、気が小さく、隙だらけでオドオドしまくっている浮世に呆れかえりつつ、その後も辻は妙な因果で彼女と交流を持ってしまうことになります。

ヤクザ絡みの金銭トラブルに男性問題と、浮世は何かと辻を頼るようになり、彼は彼で毎度イライラしまくりながらも、それでも彼女のことを何故か放っておけなくて、ついつい深入りしていきます。

しかし、その繰り返しが次第に辻を地獄の底へ導いていくことになるのを、彼はまだ気づいていませんでした……!?


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com