リアル脱出ゲーム『ある映画館からの脱出』インタビュー企画・SMT篇

ある映画館からの脱出 リアル脱出ゲーム 松竹マルチプレックスシアターズ インタビュー

史上“初”の映画館を舞台としたリアル脱出ゲーム『ある映画館からの脱出』が2015年10月17日(土)〜11月13日(金)の間、東京・丸の内ピカデリーにて開催される。

開催を前に、本企画を共催した株式会社SCRAPと株式会社松竹マルチプレックスシアターズ、そして丸の内ピカデリーに、シネマズが独占インタビューを行う企画の第3回目。最終回となる今回は、本企画を株式会社SCRAPと共催する株式会社松竹マルチプレックスシアターズ経営企画部の澤田室長と松竹株式会社経営企画部秋吉さんに話を伺った。

【関連】
リアル脱出ゲーム『ある映画館からの脱出』開発者インタビュー・SCRAP篇
リアル脱出ゲーム『ある映画館からの脱出』インタビュー・丸の内ピカデリー篇

考え方とか企画次第で、もうひとつ先にいろんなコンテンツがある

ある映画館からの脱出 リアル脱出ゲーム 松竹マルチプレックスシアターズ インタビュー
写真:松竹株式会社経営企画部・秋吉さん

―SCRAP側に話を持ちかけたと伺っていますが、どういった経緯だったのでしょうか?

秋吉:当社としては、2、3時間滞在する映画館という施設にもっと若い方にお越し頂けるような企画をしたいと思ったことが企画のきっかけです。映画館ってこんなワクワクした体験が出来るんだよということを、まずは体験してもらおうと、今流行っていて、さらに自分自身もハマっているリアル脱出ゲームが最適じゃないかと考えました。

―映画館では初の試みということで、映画館側としてかなり大変な企画だったのじゃないでしょうか?

澤田:映画で来て頂くというのが一番ではあるですが、映画以外でも何か出来ないかっていうのをずっと探していた中で、秋吉が今回の話をもってきて、やれるならやってみようということで、とにかくやる方向で調整しました。

―映画館って映画しか流さないイメージの方も多いと思うのですが、今後ももっとこういう企画はやっていくのですか?

澤田:もちろんです。映画が主軸なのは、間違いないんですけど、もっともっと出来ると思います。4DXが出てきたりと、映画自体が変わっていく方向もあると思いますし、ライブ・ビューイングみたいなのもある中で、考え方とか企画次第で、もうひとつ先にいろんなコンテンツがあると思うんです。そういうのは積極的に取り入れていきたいなと思っています。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事