あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

紀里谷和明監督、独占インタビュー「スタートラインに立たせてもらった」

ラスト ナイツ 紀里谷和明監督 インタビュー


2015年11月14日より公開となる、映画『ラスト・ナイツ』の紀里谷和明監督に独占インタビューをおこなった。構想から5年もの歳月をかけた本作への監督の思いや、今後の作品について話しを伺ってきた。

そこまでしないと“世の不条理”には立ち向かえない


ラスト・ナイツ 紀里谷和明監督 ラスト・ナイツ 紀里谷和明監督 クライヴ・オーウェン


―『CASSHERN』『GOEMON』そして『ラスト・ナイツ』と、これまでの作品も含めて、多くの“死”が描かれている印象なのですが、“死”は監督にとって、ひとつのテーマなのでしょうか?

“生きていく”ということに、執着してもしょうがないっていうのが俺の中にあります。「自分の命を代償にしても、残さないといけないものがある」というのが、ずっとテーマになっていますね。

―『CASSHAERN』『GOEMON』と主人公が命をかえりみずにラストへ進んでいきますよね。

例えば『CASSHAERN』は、葛藤した主人公が、実は自分が悪だったということに気づき、自分の命と引き替えに何かを残そうとした話。『GOEMON』も、群衆のために言葉を残して去る話です。

―今回の『ラスト・ナイツ』も、予告編の映像でも見られるとおり、鮮烈な“死”が描かれていますね。

それぞれ『CASSHAERN』『GOEMON』そして今回の『ラスト・ナイツ』と自分の中で定義がありました。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 全てをシンプルにした

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録