『屍者の帝国』初日舞台挨拶は細谷佳正らの爆笑トークで大幅延長

top

シネマズ公式ライターのアスカでございます。

2015年10月2日、Project Itoh第一作目となるアニメ作品『屍者の帝国』の初日舞台挨拶が行われました!盛大な拍手のなか、ゲストには細谷佳正さん、村瀬歩さん、花澤香菜さん、楠大典さん、山下大輝さん、三木眞一郎さんといった豪華声優陣に加え、牧原亮太郎監督の7名が登場。予定時間を大幅に超えるほどの大盛り上がりを見せ、終始笑いっぱなしの舞台挨拶となりました!

涙ではなく笑いが止まらない細谷佳正

主人公ワトソンを演じた細谷佳正さんは「ようやく初日を迎えられたことに、嬉しくてここにきて笑いが止まりません!」と、涙ではなくなぜか笑いが止まらないというコメントに会場は大爆笑。このあと細谷佳正さんは他の登壇者からいじられっぱなしになるのですが、一方、ワトソンに付き添うパートナーの屍者フライデーを演じた村瀬歩さんは「役者一同、作り手一同、こうして拍手していただけて嬉しいです。」と、丁寧な挨拶。

また、フレデリック・バーナビーを演じた楠大典さんの挨拶になると会場からクスクスと笑い声が聞こえ、「なんか、(自分は何もしていないのに)クスクスしてるな。初日を迎えて、お腹の鳴りが止まらないですが、最後までよろしくお願いします!」と、無事に公開となったことによる安堵感か、それとも食欲の秋のせいかわかりませんが、楠大典さんはお腹が減っていたようです。それ以上に、楠大典さんの衣装が奇抜だと感じたお客さんが多かったのかもしれません。黒いスーツにサングラスと赤いストール。いや、あれはとても素敵でしたよ!!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com