異次元のオラオラ俺様系ヒーロー『仮面ライダーカブト』【篠宮暁の特撮辞典・第4回】

【オジンオズボーン・篠宮暁の特撮辞典】

仮面ライダー35周年作品『仮面ライダーカブト』

仮面ライダーカブト Blu‐ray BOX 1 [Blu-ray]
2016年に生誕45周年を迎えた「仮面ライダー」ですが、35周年の時に生まれたのが『仮面ライダーカブト』です。

久々の昆虫モチーフで、“王道ここに在り”のフォルムは、特撮ファンを喜ばせました。

「キャストオフ」という、最初ゴツくて、いわば脱皮してスマートになるシステムも沸かせてくれました。カブトはとにかく強いです。全然やられません。

カブトのライダーキックも独特で、普通はジャンプしてキック、というのがセオリーなんですが、カブトのライダーキックは、敵を背にしてギリギリまで近づいてきたところを回し蹴り一発。そのベルトさばきもかっこよくて、僕もやってみようと、当時おもちゃで何回も真似しすぎて、ベルトを壊すほどでした。

史上最もカッコイイ主役・天道総司

第4話
そんな『仮面ライダーカブト』の戦闘シーンで、是非見てもらいたいのが「クロックアップ」のシーン。

カブトは超高速で動く敵に対し、「クロックアップ」することで、自らも超高速で動き、闘うんですが、その描写がとても綺麗で、降ってる雨や動いてる車がスーパースローになったりするんです。その映像は、本当に見応えがあります。

戦闘シーンも素晴らしいんですが、カブトの魅力はなんといっても、水嶋ヒロさんを思う存分堪能できるところでしょう。

水嶋ヒロさんの代表作と言えば、女性ならドラマ『メイちゃんの執事』や『花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~』、男性なら映画『BECK』や『ドロップ』をあげる方が多いかと思いますが、僕は断然『仮面ライダーカブト』です。

水嶋ヒロさんの魅力が一番出てる作品だと、個人的には思ってます。

とにかくカッコイイ。

水嶋ヒロさん演じる天道総司は、仮面ライダー史上、最もカッコイイ主役と言っても過言ではないでしょう。では、どのあたりがカッコイイのか。

オラオラ俺様系の水嶋ヒロ

第48話
主人公・天道総司の決まり台詞は「天の道を往き全てを司る男」。そんなことを自分で言ってしまう、オラオラ俺様系。

かなりの頻度で出てくる「天道語録」というものがあり、毎回「おばあちゃんが言っていた」というセリフから始まるんですが、いくつかご紹介すると…

「食べるという字は人が良くなると書く」

「食事は一期一会、毎回毎回を大事にしろ」

といった、本当におばあちゃんの小言のようなものはいいんですが、物語の後半では…

「俺の進化は光より速い。全宇宙の何者も俺の進化にはついてこれない」

「俺は世界の中心。ならば世界は俺が救ってやる」

と、本当におばあちゃん言うとんのかい!と、つっこみたくなるほど、俺様要素がどんどん濃くなり、最終的に…

「正義とは俺自身。俺が正義だ」

カ、カ、カッコイイ!!

思い切りがイイ!!

文字で見ると、かなりクサい台詞なのに、水嶋ヒロさんが言うとクサみがなんとゼロ。いくらでも聞いてられるんです。

劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE

他にも語録は山ほど出てきますんで、そこも楽しみにして見ていただきたいと思います。見終わった時には、水嶋ヒロさんではなく水嶋HEROになってること間違いなし!

ちなみに、渋谷に隕石が落ちて始まるSF的ストーリーで、特撮に興味がなくても、1話目からハマる人多し!

あと、プロレスラーの棚橋弘至さんのポーズは、カブトからきてるとのこと。

(文:オジンオズボーン・篠宮暁)

※この記事は、WEBサイト「WB」にて以前連載していたものを、再編集したものです

以前の記事はこちらから

【オジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会】も連載中!

関連記事

あの俳優もかつてはヒーロー!『侍戦隊シンケンジャー』【篠宮暁の特撮辞典・第1回】
化学反応おきまくりヒーロー!『仮面ライダー電王』【篠宮暁の特撮辞典・第2回】
ヒーロー存続の危機を救った男『仮面ライダークウガ』【篠宮暁の特撮辞典・第3回】
片岡愛之助も変身していた!?「仮面ライダー」に出演していたあんな人こんな人
心に癒しのイケメンサプリを!タイプ別イケメン映画まとめ

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com