『美女と野獣』がたった10日間で興収36億円突破の“アナ雪”超え達成!

先週末(2017年4月29日~30日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング


1位(→)『美女と野獣』

2位(→)『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』
3位(NEW)『ワイルド・スピード ICE BREAK』
4位(NEW)『帝一の國』
5位(↓)『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』
6位(NEW)『無限の住人』
7位(↓)『SING/シング』
8位(↓)『3月のライオン(後編)』
9位(↓)『モアナと伝説の海』
10位(NEW)『映画 かみさまみならい ヒミツのここたま −奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界−』

『美女と野獣』が2週連続で首位を獲得しました。公開2週目も勢いは衰えず、4月30日(日)までに動員約248万人、興行収入36億5,473万6,300円を記録。『アナと雪の女王』をも超える速度で大ヒット中です。ゴールデンウィーク期間により数字を伸ばすことが予想されます。

美女と野獣 場面写真1

(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

2位も先週と同じく『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』。こちらも非常に好意的な評価が多く、同じくゴールデンウィーク中に大きく数字を伸ばすことが予想されます。
名探偵コナン から紅の恋歌 メイン

(C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

『ワイルド・スピード ICE BREAK』は2日間で動員42万人、興収6億3400万円をあげるヒットで3位に初登場。シリーズ最高の成績を黒くした前作『ワイルド・スピード SKY MISSION』を上回るシリーズ史上最大のオープニングとなりました。
ワイルド・スピード ICE BREAK

(C)Universal Pictures

菅田将暉主演の学園政権闘争コメディ『帝一の國』は、2日間で動員16万6000人、興収2億1400万円をあげ4位のスタート。観客の約9割が女性とのことで、こちらもまだまだ数字を伸ばしそうです。

(C)2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 (C)古屋兎丸/集英社

木村拓哉主演の時代劇『無限の住人』は、2日間で動員14万5000人、興収1億8900万円をあげ、6位のスタート。カンヌ映画祭での公式上映されることが決まっておりまだまだ話題は続きそうです。
無限の住人 木村拓哉

(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会

また、10位には『映画 かみさまみならい ヒミツのここたま -奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界-』が初登場となりました。

以上、今週の映画興行ランキング(詳細)でした。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com