空前絶後の超絶怒涛のセクシー俳優!? 色気だけじゃない斎藤工の魅力とは?

VISUALBOY BRUSH SPECIAL 斎藤工場 Made in Takumi's Factory

2017年6月10日(土)に映画版が公開された、人気ドラマ『昼顔』に出演し、セクシーな俳優として人気に火がついた斎藤工さん。

年末に放送されたバラエティ番組『ガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない科学博士』で披露した、サンシャイン斎藤のイメージが強いという人もいるかもしれません。

「すべてのセクシーの生みの親!」というセリフ、とてもインパクトがありました。

そんな彼は、俳優としてはもちろん、マルチに活躍していることを知っていますか? イケメンに関する記事を連載している「シネマズ女子部」第10回では、斎藤工さんの魅力と、おすすめの出演作品をご紹介します!

時の香り リメンバー・ミー [レンタル落ち]

1981年8月22日生まれで、現在35歳の斎藤工さん。15歳の時に芸能界に入り、高校生時代は180cm超えの長身を生かし、「TAKUMI」という名でモデルとして活動。『MEN’S NON-NO』や『POPYE』などの雑誌だけでなく、有名ブランド『ルイ・ヴィトン』や『イッセイミヤケ』などのファッションショーにも出演しています。

ミュージカル「テニスの王子様」ベストアクターズシリーズ004

2001年に、映画『時の香り~リメンバー・ミー~』で俳優デビューを果たし、少年漫画を原作にしたミュージカル『テニスの王子様』の忍足侑士役でも人気に。その後は、ボーイズラブ作品にも出演。主演を務めたドラマ『最上の名医』では天才小児科医を演じたり、2016年の映画『団地』では宇宙人を演じるなど、幅広い作品や役柄でキャリアを積んでいます。

団地 [DVD]

一方では、2005〜2006年の情報番組『ラジかる!!』で、人妻と温泉に入るコーナーを担当していたことも(この頃からセクシーの片鱗がみえていたのかもしれません)。2007年には歌手デビューを果たし、同年からbayfm『TAKUMIZM』のメインパーソナリティーを務めたり、2017年にはファッションブランド『ヨウジヤマモト(yohjiyamamoto)』のモデルとしてパリコレにも出演。

そんな、なんでもできるイケメン俳優・斎藤工さんの魅力を3つピックアップしてご紹介します。

斎藤工の魅力1  十数秒でも伝わるセクシーさ

昼顔~平日午後3時の恋人たち~ DVD BOX
2017年6月10日公開の映画『昼顔』に出演している斎藤工さん。2014年のドラマ版で、人妻役の上戸彩さんと禁断の愛を熱演し、そのセクシーすぎる演技で話題になりました。映画は、ドラマ本編から3年後が舞台。一度は別れを誓ったものの、偶然の再会で、再燃する2人の姿が描かれています。

また、ドラマはもちろん、CMでもその色気は溢れ出ています。『たかの由梨ビューティークリニック』や『東京シティ競馬』などのCMは、見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。十数秒というわずかな時間で視聴者をドキッとさせる表情や声色など、色気を醸し出す姿が印象的です。

斎藤工の魅力2  イケメンなのにお笑いにも全力

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)大晦日放送10回記念DVD 初回限定永久保存版(22) (罰)絶対に笑ってはいけない名探偵24時
年末の人気番組『ガキの使い〜』で、芸人のサンシャイン池崎に扮し、サンシャイン斎藤を全力で披露。全力でネタを披露した後の表情は、多くの方の脳裏に焼きついたはずです。

大人の魅力の印象が強い彼の別の面がみえた番組、そしてこれが本家のサンシャイン池崎さんの大ブレイクに一役買ったと言っても、過言ではないでしょう。

年が明け、2017年1月に放送された日本テレビ系情報番組『PON!』にVTR出演された斎藤さん。「出演することを決めた理由は?」という質問に、「(ガキの使いは)大ファンな番組。世代的にもドンピシャ」だったそうで、「リスペクトを込めてやるなら本気で、命(タマ)を取りに行く覚悟を持って挑んだ」と語っていました。

ちなみに、収録のために何度も練習を重ねたそうで、実際のネタはオンエアの倍の長さがあったそう。いつかフルサイズでも見てみたいですね。

また、同事務所の芸人、永野さんとも仲がいいそうで、同番組では誕生日会に呼ばれたエピソードなども話していました。

斎藤工の魅力3  映画オタクで監督作品も多数

blank13 齊藤工

(C)2017「blank13」製作委員会

WOWWOWの映画番組『シネマNAVI』のパーソナリティとして、毎回映画トークを繰り広げている斎藤さん。雑誌『映画秘宝』などでも連載を持っています。

2018年にはメガホンを取った映画『blank13』が公開決定。主演は高橋一生さん、そして斎藤さんも俳優として出演しています。実は『blank13』は、斎藤さんの監督作品としては7作目。今回が初の長編映画です。

13年前に借金を残し失踪した父と、余命3ヶ月で再会を果たした家族。半年後、父の参列に訪れた人たちから、空白だった父の13年間が明らかになっていくという、実話に基づいたヒューマンドラマです。

2017年3月に開催された「ゆうばりファンタスティック映画祭」でお披露目され、高評価を得た今作。オタクと呼ばれるほど映画が好きで、俳優としても数多くの現場をこなしてきた斎藤さんだからこそ作ることのできた映画かもしれませんね。同作は、2018年2月3日にシネマート新宿で公開予定です。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事