TIFF監督特集“原田眞人の世界”『KAMIKAZE TAXI』トークショー

■「キネマニア共和国」

10月24日夕方、新宿ピカデリーにて第28回東京国際映画祭Japan Now監督特集“原田眞人の世界”より『KAMIKAZE TAXI』の上映とトークショーが開催された。(司会:安藤紘平)
⑨(一応最後の集合写真。使っても使わなくても。司会者がなんかいつも邪魔)
『KAMIKAZE TAXI』は原田眞人監督が1995年に手掛けた作品。当時の日本の社会風俗を背景に、ペルー育ちの日系人タクシー運転手・寒竹さん(役所広司)と恋人をヤクザに殺され、自らも命を狙われてしまうチンピラ達男との交流を描いたロード・ムービーでもあり、政治やヤクザ、自己啓発セミナー、そして戦時中の神風特攻にまつわる真実などをえぐりだす社会派ハードボイルド映画の大傑作である。

原田映画を語るときに決して外してはいけない代表作の筆頭であり、また本作で初めて役所広司を起用したことでも記念碑的作品。以降、両者は『金融腐蝕列島〔呪縛〕』(99)や『突入せよ!あさま山荘事件』(02)『わが母の記』(12)『日本のいちばん長い日』(15)など、名コンビとしてコンスタントに作品を発表し続けることになるのだ。

場内は20年前の初公開以来、銀幕で本作を見られるということで駆けつけた映画ファンや、伝説的評判を聞きつけてやってきた若い世代などで埋めつくされ、また今回は国際映画祭ゆえに英語字幕が必要ということで、世界中の映画祭を渡り歩いた140分インターナショナル版の35ミリ・プリントでの上映。

今や滅多に見られない貴重なフィルム上映もファンには喝采をもって迎えられ、上映後はいよいよ原田監督と達男役の高橋和也が登壇。
③原田監督と高橋和也
原田「久々に最前列でこの映画を大画面で見ましたが、胸迫るものがありますし、見ていて飽きなかった(笑)。でも、いつ見ても役所広司さんは可愛いし、セクシーだし、素晴らしいですね」
高橋「今から21年前に撮影した作品で、当時は25歳でした(笑)。この作品に出会えたことで、その後俳優としてやっていけるきっかけにもなったと思っています」

20年前の作品ながら、今の時代に訴える要素も多い。

原田「そうですね。日本の政治状況は変わってないというか、映画の冒頭に外国人労働者とヤクザと政治家の数が出てきますが、今減ったのはヤクザの数だけで、どうしようもない腐った政治家の数はどんどん増えている」
①原田眞人監督
元『男闘呼組』高橋和也の起用は?

原田「彼とは『男闘呼組』時代にコマーシャルを撮っているんですよ。そのとき役者といいなというのがずっと頭にありました。そして達男役を探しているとき、プロデューサー連がネームバリューのある人をということで、当時売れていて今はノーバディの人(笑)をキャスティングしたら、最終的に『裸になって濡れ場をやるのが嫌だ』と言い出したのでNGにして、それで和也に声をかけてみたんです」

高橋「クランク・インの1週間くらい前でしたね(笑)。僕はその前年に男闘呼組を解散して1年ほどアメリカへ演技の勉強へ行き、帰国して舞台をやっているときだったんですけど、とにかく台本が素晴らしかったのでやってみたいと思いましたし、裸でも何でもやる!と(笑)。さすがに最初は昼間は舞台の本番で、夜はロケに参加と、もうわけがわからなかったのですが(笑)、やっていくうちに役もつかんできて、どんどん面白くなっていきました」
②高橋和也
原田「彼が入ってから、台詞もどんどん即興的なものになっていきました」

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事