“差しブス”じゃなくて、まさかの“ゴリブス”(笑)『犬猿』ニッチェ・江上敬子インタビュー

2018年2月10日(土)公開の映画『犬猿』は、『ヒメアノ~ル』『麦子さんと』などを手がけた田恵輔監督の4年ぶりオリジナル作品。

(C)2018『犬猿』製作委員会

本作は羨望、嫉妬、愛憎など複雑な思いを抱えながらも、血のつながりを意識せずにいられない兄弟姉妹の関係を描いたヒューマンドラマに仕上がっている。

真面目だけれど姑息な面を持つ和成(窪田正孝)とその兄で刑務所上がりの卓司(新井浩文)、そして家業の印刷会社を継いだ幾野家の長女・由利亜(江上敬子)と芸能活動をしている妹の真子(筧美和子)。仕事はできるものの外見にコンプレックスを抱える由利亜が、仕事相手の和成に恋心を抱いたことをきっかけに、4人の関係が動いていく。

シネマズby松竹では、姉の由利亜を演じた江上敬子(ニッチェ)さんにインタビュー。意外にも本作が女優デビューという江上さんに、お芝居に関する話題や、女同士の嫉妬やバトルなどご自身についてのお話を伺いました。

──江上さんはもともと女優志望でいらっしゃったそうですね。

江上敬子(以下、江上):そうですね。でも、それも専門学校に通っていた間くらいで、今日までずっとお芝居はやってこなかったです。

──普段、コントをやっていらっしゃることが、お芝居につながっているのかなと思ったのですが。

江上:お芝居というものに関しては、ギャップにずっと悩んできたんですよ。専門学校のときに習ったのは、オーバーなことはせずに、むしろ「何もするな、それが俳優だ」みたいなこと。当時はちんぷんかんぷんで、こんなことしか教えてくれないの?って思ったけど、それが心理なんでしょうね。

(C)2018『犬猿』製作委員会

でも、芸人になったら、コントでは動きや表情のひとつひとつを大きく演じろ、そのほうがウケるっていう、わかりやすい演技が求められる。そこでまず、それまで教わってきたこととのギャップに苦しみましたね。そうして十数年間コントをやりつづけて、芸人としてのお芝居が定着したところに、今回このお仕事のお話をいただけたんですが、この芝居がまたちょっと違う。

顔を作ったり、大きく動くということをコントで培っちゃったので、現場で監督によく「引き算で。江上さん、何もしなくていいよ」って言われてました。

──引き算が一番苦労されたんですね。

江上:どうしても、顔が動いちゃうんですよ。由利亜はほとんどのシーンで怒っているんですが、コントだと目を見開いて「あぁん?」って感じになるところを、自然に「はぁ?」って怒るようにしなきゃいけない。でも、怒るという感情が入ると、どうしても顔がついてきちゃうので、そうしないように、って気をつけて演じましたね。

──怒るシーンが大げさになると、コメディっぽくなっちゃいますもんね。

江上:そう。だから私、それが心配だったんです。みんな、笑っちゃうんじゃないかなって。

──全然そんなことなかったです! 初めての女優のお仕事ということですが、お話が来た時はどういう感じだったんですか?

江上:こんなに出番がある役だとは思っていなかったです。今までも仮でそういうお話がきていたことはあって、台本を読ませていただいたことも何度かあったんです。まぁ本当に、ちょっと出てくるブスな女、“差しブス”だったんですよ。わかります? “差しブス”(笑)。

そんな感じだったので、今回も「お、“差しブス”役か?」くらいに思ってたんですけど、まさかの“ゴリブス”でしたね(笑)。「ゴリゴリに出番があるブスじゃないか!」って、驚きました。でも、緊張しますよね。セリフに専門用語も多かったので。

──印刷会社の社長役ということで、普段なかなか聞かない言葉もありましたね。

江上:でも、なんの縁なのか、私の主人が印刷会社の社長なんですよ(笑)。だから、印刷に関するちょっとした知識があったんです。そういう言葉を耳にするような環境じゃなかったら、インクとか紙の種類とか、そういうのがよくわからなかったと思います。

──それはすごいですね。本当に偶然だったんですか?

江上:思わず、「私の主人が印刷会社の社長と知っての配役ですか?」って監督に聞いたら「知らない、知らない! 俺もそこで選ばないし(笑)」って(笑)。それで縁を感じましたね。

──意外な縁もあった由利亜ですが、どういうキャラクターと捉えて演じられたんですか?

江上:怒りのバランスとか技術面というのは監督にお任せしたんですけど、役については、ほぼほぼ自分で作ったと言っても過言ではないと思います。というのも、由利亜が自分とかぶる部分がとても多くて。最初に読んだときに感情移入して、めちゃめちゃ泣いちゃったんですよ。

由利亜がものすごく感じているのと同じようなコンプレックスを私自身も持っていたので、恋愛にうまく踏み込めない気持ちとか、周りにどういう接し方をしてこられたんだろうなとか、想像するだけで泣けました。本当に、自分を重ね合わせて演じましたね。


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com