こぶしファクトリー、脅威の集中力に世界No.1マジシャンMagus(メイガス)も驚愕!

現在、ハロー!プロジェクト20周年を記念した新番組「ハロプロのモノホン!」が、映像配信サービス「GYAO!」にて絶賛配信中。

モーニング娘。’18、アンジュルム、Juice=Juice、こぶしファクトリー、つばきファクトリーのメンバーが、様々なジャンルの一流パフォーマーやクリエイターから”モノホン”な技術を学び、コラボショーが完成するまでのメンバーの汗と葛藤をドキュメンタリーで密着。
奇跡のステージが誕生するまでを追いかけたドキュメンタリー音楽SHOWとなっている。

今回、シネマズが取材にお邪魔した時には、こぶしファクトリーのメンバーが<世界No.1マジシャン「Magus」(メイガス)>とアシスタント「プリマベーラ」のミオ・チカから数々のマジックと難易度の高いイリュージョンの指導を受けていたが、彼女たちの集中力にMagusも驚きを隠せないでいた。

しかし、通常のマジックを短時間で習得するだけでも困難な上、今回は、彼女たちの新曲「きっと私は」の<イリュージョンパフォーマンス>まで完成させなければならない、というかなり無茶なミッション。

果たして、彼女たちはマジック、そして<イリュージョンパフォーマンス>を習得することが出来るのか?

【無料配信】「ハロプロのモノホン!」を配信中(毎週火曜更新)

こぶしファクトリーとは?>

ハロー!プロジェクト所属の5人組アイドルグループ。
メンバーは
広瀬彩海(ヒロセ アヤカ)野村みな美(ノムラ ミナミ)浜浦彩乃(ハマウラ アヤノ)和田桜子(ワダ サクラコ)井上玲音(イノウエ レイ)の5人。
名前の由来は、春の訪れを告げるように、他の木々にさきがけて白い花を梢いっぱいに咲かせる日本原産の花、コブシ(辛夷)。
コブシの花のように「優美」でありながら、コブシという名前の由来でもある(にぎりこぶし)に象徴される「力強さ」を兼ね備えたグループになってほしい、という想いを込めて名づけられたとの事。

<Magus(メイガス)>


1988年、オーストラリア建国200年祭にて2000 人の観衆の前で初舞台を踏む。
2016年末、BS-TBSにて2時間に及ぶ単独の冠特番を放送。
翌2017年5月には、国際マジック誌『バニッシュマガジン』に16ページにわたる巻頭特集が掲載された。

その年に最も活躍したマジシャンに送られる賞『JAPAN CUP 2018 マジシャン・オブ・ザ・イヤー』と、世界最大のマジック団体『インターナショナル・マジシャンズ・ソサイエティ』が選定する、マジック界において最も権威ある賞『マーリン・アワード 2018』をW 受賞。
過去の常識を超えた至近距離で演じられるイリュージョンや、海外発の最新メンタリズムアクトなどで話題となり、様々なメディアに登場。
現在、名実ともに日本を代表する奇術師である。

公式サイト
Twitter
Instagram
YouTube

<プリマベーラ>


<左>チカ<右>ミオ
ミオ
Twitter
Instagram

チカ
Twitter
Instagram

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com