伊藤あさひ、結木滉星らが登壇「個性が爆発」Vシネクスト『ルパパトキュウ』初日舞台挨拶レポート

2019年5月3日(金)、東京・新宿バルト9にてVシネクスト『ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』の初日舞台挨拶が開催。伊藤あさひ、結木滉星、濱正悟、横山涼、工藤遥、奥山かずさ、元木聖也、岐洲匠、南圭介、監督の加藤弘之、そしてMCとして松本寛也が登壇し、令和初となるスーパー戦隊シリーズの劇場版に期待を込めた。

まずは登場したキャストたちが会場に訪れたファンに向かって一人ずつ挨拶をしていくも、トップバッターの伊藤がいきなり自己紹介を噛んでしまう。それにフォローを入れるように、2番手の結木が「あさひが噛んでくれたのでやりやすいです(笑)」とからかって笑いを誘いつつ、序盤から仲の良さを見せつけた。

また、南は「刮目せよ!今、伝説の舞台挨拶が始まる!」とカッコよく決めようとするも、声のコンディションが悪かったようでガラガラ声での挨拶となってしまい「声ガラガラじゃん!」とキャスト全員からツッコミが入る事態に。

MCの松本から、公開初日を迎えた気持ちを聞かれた伊藤は「令和一発目ということで豪華な内容になっているんじゃないかなと思います。どうでしょうか?」と客席に向かって問いかけると大きな拍手が返され、安心したような笑顔を見せた。

結木は「令和という新元号に入って第一号の劇場公開」としみじみ語りだし、この日の舞台挨拶が朝一番の上映回であったことにも触れ、「この時間だから皆さんが第一号ですか?一号だらけですね。光栄です!」と満足げにコメント。

岐洲は「劇場公開が始まったということでワクワクウキウキしています!今GWなうじゃないですか、(自分も)GW満喫してまして、今日から(公開がスタート)なんだって思いました(笑)」と岐洲らしい独特のコメントでキャスト一同を困惑させる。

また、南は「昭和レッドとして!平成を生き抜いたレッドとして!令和という新しい時代が始まりましたので、この声で今日はやらせていただきます!」とガラガラ声のまま力強く声を張り会場を笑わせた。

本作は3戦隊が集結し、キャストの人数も多いことから、現場の雰囲気を聞かれた岐洲は「にぎやかでしたね。初日の撮影のときは、ルパパトメンバーの中にキュウレンジャーは僕と寛也さんだけだったから、正直、心細かった。2日目からは南さんも入ってきたので安心できると思ったのに、現場がめちゃくちゃになりました(笑)」と明かすと、すかさず南が「どうして!?」とガラガラ声のまま悲痛な叫びをあげるも、キャスト陣から「声が出てない!」「何言ってるかわからない(笑)!」と再びいじられてしまうことに。「今日はオネエな感じになってますね!でも全力で行くからね!刮目~!」とオネエ風に喋りだすと会場からは拍手が沸き起こった。

また、奥山が「私のどツボにハマった、ジュウオウザワールド役の國島(直希)くんが本当に面白くて楽しかったです」と撮影を振り返る。すると工藤も「なんか分からないんですけど、(撮影では)やりもしないジュウオウジャーダンスをみんなに教えてました。みんなで輪になってジュウオウジャーダンス教室が始まった(笑)」と裏話を明かした。

本作のエンディングではキャスト達が『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の「ケボーンダンス」に挑戦していることも見どころのひとつ。踊ってみた感想を聞かれたルパパトキャストは、「楽しかった!」と声を揃えるも、伊藤が「FLT(ファイナルライブツアー)の名古屋会場でケボーンダンスの撮影をしたんですけど、何回も踊ったからめちゃくちゃ疲れて、終わったあとみんなで手羽先を食べに行ったけど、(疲れすぎて)無言で食べてた(笑)」と、ダンスには苦労をしていた様子も明かした。

本作でルパンレンジャーがパトレンジャーへ変身したことにちなみ、もし他のヒーローに変身できるとしたら誰がいいか?というトークも展開。元木は「今だったらアベンジャーズ!」と即答。一方、濵は「怪人でもいいですか?僕はデストラ・マッジョ。悪役に憧れがありまして…」とはにかむも、工藤から「これヒーローに変身するならって話じゃなかったっけ(笑)?」と鋭いツッコミを入れられてしまう一幕もあった。

本作の監督を務めた佐藤は見どころを聞かれると「それぞれのキャラクターの個性が出ていると思うので、好きなキャラクターに注目して観ていただければ。スクリーンの端っこの方でもみんな面白いことをしているので」と本作への期待を煽った。

改めて、レッド3人が会場へ訪れたファンに向けてメッセージを求められると、岐洲は「GW楽しんでください!」と元気にコメント。続いて、結木は「さっき監督も仰ってくれたように個性豊かなメンバーで、画面に映り込んだら何するかわからないぐらい個性が爆発しています。メインで映ってないときも端っこの方でチャレンジしていたりするので。一回じゃ気づけないと思うので、何回も劇場に足を運んでくれたら嬉しいです」とコメントし、伊藤は「ルパンレンジャー、パトレンジャー、キュウレンジャー、ジュウオウジャーの縦のつながりを感じられる作品になりました。令和の戦隊歴史の良いスタートを切れる作品であったと思います。上映期間中にぜひまた足を運んでください」と、舞台挨拶を締めくくった。

Vシネクスト『ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』は5月3日(金)より期間限定、全国36館にて上映中。Blue-ray&DVDは8月21日(水)発売予定。

(C)2019 東映ビデオ・東映AG・東映 (C)2018 テレビ朝日・東映AG・東映

関連記事

伊藤あさひ「縦の繋がりを感じた」Vシネクスト『ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』完成披露レポ
『宇宙戦隊キュウレンジャー』大久保桜子&南圭介をゲストに迎えた刮目しまくりの特撮トークライブを振り返る
「ゴーカイジャー」ファンは色気が増したバスコを見るだけでも価値あり!「キュウスペ」の魅力を熱弁
『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』が予想以上に『スター・ウォーズ』だった件
ついに「キュウレンジャー」最終回!その功績をオジンオズボーン篠宮暁が勝手に讃える

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com