『祭りの後は祭りの前』レビュー:“祭nine.”が主演する明るくオバカで楽しく、どこか切ない青春エンタメ群像劇!

(C)2019映画「祭りの後は祭りの前」製作委員会

アイドルやパフォーマーが単体からユニットを組んで活動するのが主となって久しい時代ではありますが、その形態も女性や男性、その混合など幅広いものになっています。アイドルと芸人が混じっての集団も登場していますね。

そんな中、山田悠介原作、室賀厚監督、そして東海地方を中心に活動するアグレッシヴなヴォーカル&ダンス&アクロバット・パフォーマンス集団“BOYS AND MEN”の面々が主演するヴァイオレンス・アクション映画『復讐したい』(16)を紹介したとき、今や全国各地にこうした人気ユニットが続々登場しているのだなと痛感させられたものですが、今回ご紹介する映画『祭りの後は祭りの前』は……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街446》

“BOYS AND MEN”の弟分“祭nine”のメンバーが主演した青春エンタテインメントなのでした!(そして結構映画ネタ多し!)

隕石落下と魔法のランプと
高校生活最後のライヴ!?

まずは『祭りの後は祭りの前』のストーリーをざっと紹介しましょう。

小学校以来の友人である高校2年生の赤石(寺坂頼我)、黄島(野々田奏)、紫山(清水天規)、白金(浦上拓也)、緑ケ丘(横山統威)、桃田(神田陸人)、青希(髙崎寿希也)は「祭部」を結成しました。

しかし高2最後のライヴ前日に青希が事故に遭い……。

ほどなくして、巨大隕石が地球に衝突するというニュースが世界中を駆け巡るのでした……。
(まあ『君の名は。』でも『アルマゲドン』でも『メテオ』でも『妖星ゴラス』でも何でも思い出してみてください)

地球が崩壊するまであと1か月。そのさなか、赤石たちはひょんなことから校内に3つの願いを叶えてくれる魔法のランプの存在を知って、まもなくして手に入れます。
(そのまんまやないかい! と、ここで突っ込みもOK)

ランプの中から現れた魔人(板橋駿谷)に、思わず「中村静香に1分でいいから会いたい」とお願いしたら、本当に中村静香本人が出てきて大喜び!(ただし1分だけ! ここのくだりもおバカ過ぎて微笑ましいものがあります)

残りの願いは2つ。そこで祭部の面々は「メンバー全員で高校生活最後のライヴをやりたい!」と願ったところ、そこに青希が戻ってきたのでした!

はてさて、祭部は本当に高校最後のライヴを敢行することができるのか?


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com