福士蒼汰からのコメントも!「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL」完成披露舞台挨拶を詳細レポ

11月24日(金)、映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』の完成会見及び完成披露舞台挨拶が、東京・丸の内TOEIにて開催され、キャストら15名が登壇しました。

本作は『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』シリーズの第2弾となり、現在放送中のテレビ版『仮面ライダービルド』と前作の『仮面ライダーエグゼイド』の世界がクロスオーバーするオリジナルストーリーで描かれます。


また、ゲストとして『仮面ライダーオーズ』からは仮面ライダーオーズ/火野映司役の渡部秀さんとアンク役の三浦涼介さん、『仮面ライダーフォーゼ』からは仮面ライダーフォーゼ/如月弦太朗役の福士蒼汰さん、仮面ライダー鎧武/葛葉紘汰役の佐野岳さん、仮面ライダーゴースト/天空寺タケル役の西銘駿さんら、平成レジェンドライダーがオリジナルキャストのまま、その後の姿として登場することでも話題を呼んでいます。

子供の見本になるように

まずは第一部としてマスコミ向けの完成会見が行われ、『仮面ライダーエグゼイド』『仮面ライダービルド』双方の主要キャスト・監督の他、本作の敵役としてゲスト出演された大槻ケンヂさんが登壇。

本作で人類消滅計画を企む科学者・最上魁星(もがみかいせい)を演じた大槻ケンヂさんは、初めて仮面ライダーの映画に出演が決まったと聞いた際の感想を尋ねられ、「何のご冗談を? 何の番組のドッキリかな? と思った。話だけ伺おうと東映さんに来たら、スタッフ一同勢揃いしていて、すぐこの格好(劇中のマスク・衣装)にされて、まるで誘拐されたかのごとく、こうなっております」とコメントして会場を沸かせつつ、「初代の仮面ライダーから観ている世代なので、光栄かつ恐縮です」と感慨深げな様子。

仮面ライダービルドになって自分が変わったと思う点を聞かれた仮面ライダービルド/桐生戦兎(きりゅうせんと)役の犬飼貴丈さんは、「放送が始まってからが一番変わったと思う。子供の見本になるような行動をしなければいけないという自覚が芽生えて、青信号がちょっとでも点滅し始めたら止まるようになった。その分時間にも余裕を持って行動するようになりました」と爽やかに回答。

仮面ライダーエグゼイド/宝生永夢(ほうじょうえむ)役の飯島寛騎さんは、1年間の(仮面ライダーエグゼイドの)撮影を経て自身がパワーアップした点を聞かれ、「1年前の自分は右も左も分からず何も出来なかった。色んな人たちに支えられてお芝居の勉強も出来たし、仮面ライダーとして頼もしい格好いい自分にちょっとは成長できたと思う」と自信を覗かせます。

息の合ったボケ・ツッコミで笑いに溢れた冒頭あいさつ

続いて、会場にお客さんを迎え入れて行われた完成披露舞台挨拶。冒頭の挨拶では、まずはビルドチームの犬飼さんが「夜は焼肉っしょー!!!ひゅー!」とテレビ版「仮面ライダービルド」第6話のワンシーンを再現し、「佐藤太郎役の犬飼貴丈です」と、同じく本編で明かされた桐生戦兎の本名を名乗ると、「佐藤太郎ちゃうやんけー!」と、仮面ライダークローズ/万丈龍我(ばんじょうりゅうが)役の赤楚さんから息の合ったツッコミが入り会場を沸かせます。

その赤楚さんも「仮面ライダークローズ、“ヒロイン”の万丈龍我役を演じております赤楚衛二です」と挨拶をし、本当のヒロイン役・高田さんが自分を指差しながら「ヒロイン! ヒロイン!」とツッコミを入れて会場の笑いを誘い、ビルドチームの仲の良さを見せてくれました。

対するエグゼイドチームも、まずは飯島さんが「久しぶりに、ノーコンティニューでクリアしてやるぜっ!」とエグゼイドの決め台詞で会場を盛り上げます。

続いて、仮面ライダーブレイブ/鏡飛彩(かがみひいろ)役の瀬戸さんが「今の俺は、負ける気がしねぇ!」と、赤楚さん演じる万丈龍我の決め台詞を真似て会場をざわつかせると、仮面ライダースナイプ/花家大我(はなやたいが)役の松本さんが「テメエら、フルボトルをよこせ!」と、ビルドネタを被せて会場を沸かせるフォロー。

このコメントと作中との髪型のギャップに、エグゼイドチームのキャストたちが「誰?」「誰だよ?」「どこからツッコんでいいのか分からない」と総ツッコミを入れ、1年を共にして息がぴったり合ったところを見せてくれました。

また、続く仮面ライダーゲンム/檀黎斗(だんくろと)役の岩永さんが会場に向けて「待たせたな、会場のモルモットども!」と、狂気じみた檀黎斗の様子をテレビ版の本編そのままに再現して会場を盛り上げると、(劇中で自身を神だと豪語する檀黎斗に対して)会場からは「神~!」と声援が飛び、人気キャラの健在ぶりを感じさせます。

そして、主要キャストの挨拶が終わると、司会の呼び込みで最上魁星(もがみかいせい)役の大槻ケンヂさんが劇中そのままの格好で登場し、会場からは歓声とどよめきが起きます。

そんな大槻さんは、顔半分が機械という劇中の設定でマスク被っている事を示して「今、非常に喋り難い大槻ケンヂです」と挨拶して会場の笑いを誘います。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com