『不能犯』『娼年』!2018年は松坂桃李イヤーだ!

(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会

日本映画界の若手男優をリードし続けながら疾走中の松坂桃李。

昨年も『彼女がその名を知らない鳥たち』でヨコハマ映画祭助演男優賞を受賞(先日行われた授賞式では、数えきれないほどの女性ファンが花束を渡すべく、ステージ下に殺到したとのこと!)。

NHK朝のテレビ小説『わろてんか』でもヒロインの夫(先日、惜しくも亡くなってしまい、残念!)を好演していた彼、そんな勢いに乗せて、2018年も早くも賞レース必至の快作秀作が続々とお目見えとなります……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街vol.286》

2月1日公開の『不能犯』と、4月6日公開『娼年』。

この2本、どっちもすごい! 面白い!

逮捕不可能な闇の仕事人と
警察の闘いを描いた『不能犯』

(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会

まず『不能犯』ですが、「グランドジャンプ」に連載の同名コミック(原作・宮月新/画・神崎裕也)を原作に、『ノロイ』(05)『貞子VS加椰子』(16)などホラーやダーク・ファンタジー作品に定評のある白石晃士監督がメガホンをとったものです。

その内容は、電話ボックスに殺人依頼を残すと願いを叶えてくれる謎の黒いスーツ姿の男・宇相吹正(うそぶき・ただし/松坂桃李)と、彼に翻弄される多田友子刑事(沢尻エリカ)ら警察のスリリングな駆け引きを描いたもの。

この宇相吹、すべての標的を確実に抹殺するのですが、そのやりかたは、いわゆるマインド・コントロールを用いて自滅に追い込むものなので、犯罪としての証拠が残らず、捕まえることが不可能な“不能犯”なのです。

しかし依頼者もまた、その殺意が純粋なものでないと、恐ろしい事態を招いてしまいます。

もはや超能力を持った人間というよりも、悪魔か死神かといった宇相吹を、松坂桃李が背筋が凍るほどの存在感で演じ切っています。

もともと彼の出世作でもあるTV『侍戦隊シンケンジャー』でも、主格のシンケンレッド=殿様役でありながら、どこか影を引きずった個性には当時から刮目していたものでした(事実、その正体は殿様の影武者だった!)。

そういった彼の個性は『日本のいちばん長い日』でクーデターを起こそうとする青年将校の狂気や、『彼女がその名を知らない鳥たち』のクズ男などを体現したとき、すさまじいまでの“陰”の存在感を発揮します。

しかもその“陰”はどことなく常に純粋に映えるため、見ていてエクスタシーすら感じさせるものがあります。

いわゆる現在版・必殺仕事人的な粋を越えた闇の使い魔として、人間の愚かさを試し続けるかのような宇相吹と、あくまでも凛とした風格で彼と対峙していく多田刑事との闘いも実に見事。

スリラーであり、ダーク・ファンタジーであり、そして人間の心の闇を描いたエンタテインメントとして、この冬必見の快作たりえてるのです。

どんなに暖房の利いた映画館の中、暖かい格好でご覧になっても、次第に背筋が凍ること間違いなし!

女性たちの心に優しく寄り添う
純粋な青年娼夫を描いた『娼年』

(C)石田衣良/集英社 2017映画「娼年」製作委員会

もう1本の『娼年』で松坂桃李が演じるのは、『不能犯』とは真逆の心優しい青年です。

しかし、その心が純粋であるというところは2作とも共通しているのかもしれません。

つまりは松坂桃李の個性とは、その純粋感にあるのかもしれません。

ここで彼が演じるのは、男性の娼婦=娼夫、即ち娼年です。

どこか冷めた日常を過ごしていた20歳の大学生リョウ(松坂桃李)は、ふとしたことから会員制ボーイズクラブのオーナー御堂静香(真飛聖)に誘われて娼夫の仕事を始めることに。

そこで彼は身体を重ねるさまざまな女性たちの心の闇や哀しみ、苦しみ、悩み、欲望などを目の当たりにし、戸惑いつつも優しく対処し続けていくのです。

いわゆる売春という重いテーマを扱いながらも、そこに携わる人間たちの繊細な想いを敏感に描いた石田衣良の同名小説を原作に、舞台演出家の三浦大輔が監督。

もともと三浦監督は松坂主演でこの原作を2016年に舞台化しています。

松坂が一糸まとわず“表現”することが話題となり、全公演が即ソールドアウトしたことでも知られる伝説の舞台劇。

今回はその映画化なだけに、当然松坂桃李は全体の半分以上が裸で、舞台と違ってアップでその美しい姿を拝むことができるのも、ファンにはたまらないものがあるでしょう。

(あ、一応R-18+です)

また、そこにエロティシズムこそあれ、いやらしさなどが皆無なのも、松坂桃李の肉体そのものから純粋さが自然に醸し出されているからといっても過言ではありません。

キャメラ・アイそのものも、通常の成人映画のように男性目線で女性との行為を捉えるのではなく、行為の中から男女の心情まで巧みに映る撮り方がなされています。

これなら女性の観客も忌避せず見ることができるでしょう。

金銭で快楽を売り買いする世界とは、本来もっとドロドロした部分もあるかもしれませんが、ここではそのドロドロしたものの中にある純粋さ、即ち人間の心の闇や哀しみにこそ着目し、一種のファンタジーとして昇華させているのが本作の大きな特徴です。

思えばアダルトビデオもピンク映画も往年の日活ロマンポルノも、男性のためのファンタジーであるわけですが、ならば女性のためのファンタジーもあって然るべき。

映画『娼年』は、見事なまでに女性のためのファンタジーに成り得ていると思いましたが、映画としても秀逸なので男性もぜひご覧になってみてください。

それにしましても『不能犯』『娼年』と立て続けに見てしまいますと(『娼年』の公開は4月なので、もう少し先ですが)、今年は松坂桃李の年になりそうだなといった感慨を強く抱かざるを得ません。

2018年の映画賞レースにも必ず絡んでくるとともに、彼自身のさらなるステップアップとして、また大きな痕跡を残す1年となることでしょう。

今後も見逃し厳禁で応援し続けていきたい“純粋”なる存在です。

(文:増當竜也)


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com