”うなぎ屋の看板娘”から”透明な女優へ”―松本若菜 独占インタビュー

松本若菜 無伴奏 インタビュー

現在全国ロードショー中、直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を、矢崎仁司監督が完全映画化した『無伴奏』で、渉(池松壮亮)の姉・勢津子役を演じた松本若菜に、シネマズが独占インタビューを実施した。

映画『無伴奏』松本若菜 シネマズ独占インタビュー

無伴奏 矢崎仁司監督 映画 成海璃子 池松壮亮 斎藤工

映画『無伴奏』は直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司監督が完全映画化した作品。学生運動が盛んだった時代に多感な青春時代を過ごす1人の女子高校生を中心に、男女の悲喜こもごもな恋愛模様と時代の潮流を映し出す青春物語。主人公の響子を成海璃子が演じ、響子が想いを傾ける渉役を池松壮亮、渉の親友・祐之介を斎藤工、さらに祐之介の恋人・エマをnon-noモデルの遠藤新菜と、注目の若手が集結し当時の若者達の恋愛模様を描く。

本作で、成海璃子が演じる主人公・響子の、心を揺れ動かす重要な役を演じた松本若菜。「うなぎ屋のかわいい看板娘」として注目を集め、その後、女優の道をひた走ってきた彼女が、本作の役をどう演じたのか。彼女のこれまでの歩みや、矢崎仁司監督への思い、そして今後の女優像などを伺った。

矢崎監督だからできた。映像化不可能と言われた原作。

松本若菜 無伴奏 インタビュー

――突然ですけど、実際にこうしてお会いするとやっぱりお綺麗ですね……

ありがとうございます(笑)嬉しいです。

――完成した画はもうご覧になられましか?

もちろんです。

――ご自身も出演されている映画ですが、観客として観た感想としてはいかがでしたか?

私の勝手な感想ですけど、今までの矢崎作品をさらに越えたんじゃないかなって思うぐらい素晴らしかったですね。周りの人にも「あの『無伴奏』をよく映像化できたね」ってよく言われるんです。矢崎監督だからできたと思うし、あの世界観は、矢崎ワールドがすごく出ているなと思いました。

――『無伴奏』では、数々の官能シーンが話題になっていますが、女性として観てどう感じられましたか?

素晴らしいなって思いました。中でも、池松壮亮さんと斎藤工さんの、男性同士のシーン。逆に女性が嫉妬してしまうぐらい色気があって、ズルいなーって思いましたね。男の人からすればまた違うかもしれませんが、絵画を見てるみたいな気分で、とにかく綺麗でしたね。池松さんのお尻すごい綺麗だし(笑)。あんな美しい男性同士のシーンって初めて観たなって。

高校生には出せない落ち着き感、色気を出すことをテーマに。

松本若菜 無伴奏 インタビュー

――松本若菜さんと矢崎仁司監督の出会いといえば、矢崎仁司監督の前作『××× KISS KISS KISS』ですよね。

『××× KISS KISS KISS』では、矢崎監督とお仕事ができるって聞いた時に「あの矢崎監督と一緒にできるんだ!」と興奮したのを覚えています。

――その際に矢崎監督にもインタビューさせてもらったんですけども「松本さんがとにかく美しくて『無伴奏』でも出演してもらうことになった」というお話をされてたんですよね。

嬉しいですね。矢崎監督に顔見せに声をかけていただいただ時点で、もう嬉しくてマネージャーさんに「絶対、絶対やりたいです!」って懇願したくらいですから(笑)それで、今回の『無伴奏』の脚本を読ませていただいて「これがどうやって映像化されるんだろう?」という興味が湧いたし、その世界観に入りたいという気持ちがすごく強かったですね。なので、出演できたことが本当に幸せです。

無伴奏 池松壮亮 松本若菜

映画『無伴奏』より (C)2015「無伴奏」製作委員会

――今回の役は、池松壮亮さん演じる渉のお姉さん役ですよね。設定では「物凄い超絶美人」という役柄じゃないですか。映画内でも「女優さんみたいに綺麗」と評されてて。

そう!台本を読んでいる時から「女優さんみたいな人なんだよ」っていう台詞があって「ハードルあげるわーー!」って思いましたね。本当にメイクさんと衣装さんのおかげです(笑)

――実際に演じるときに、何か意識したことってありますか?

私の中での素敵な女性像というのは、常に“フラット”でいるというか、着飾ってない人なんです。お化粧ばっちりして綺麗なのも素敵だとは思うんですけど、内面から出る美しさみたいなところが、“大人の女性“だなって。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事