あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』4DX版レビュー|楽しいのは戦闘シーンだけじゃなかった!

(C)カラー



『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の4DX版をレビューします!まず、ネタバレのない4DXの満足度を簡潔に記しておきますと、もう4DXとの相性も抜群で大満足です!

基本情報:MX4Dよりも4DXがおすすめの理由は?

 4DXとは劇中の展開と合わせて、座席の動き、吹き付けるエアーや水、フラッシュ(光)など、さまざまな演出が楽しめる、まるで遊園地のアトラクションのような臨場感が楽しめる上映方式。コロナ禍で遊園地に行きにくい今こそ、みんなで楽しめる娯楽としておすすめできるのです(もちろん1人でもおすすめです)。



そして、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』に限らないことも申し上げておくと、基本的に、TOHOシネマズ系列で展開されている「MX4D」ではなく、ユナイテッドシネマやシネマサンシャイン系などで展開している「4DX」をおすすめします。

※都道府県別の4DXの上映は以下よりご確認ください⇩
4DX&MX4Dはどこで観られる?4D映画館全国一覧 | cinemas PLUS

その最大の理由は、MX4Dにはない、4DX限定の演出に「雨」「雪」「シャボン玉」があるからです。MX4Dにも水がプシュッと前方から吹き付ける演出はありますが、「上からパラパラと降る雨、そして雪とシャボン玉」は、完全に4DXだけのもの。館内に雨や雪が降り注ぐことで、劇中のシーンに入り込んだような臨場感がありますし、シャボン玉がふわふわと浮かんでいるのを見る(または触れる)というのも、アトラクションとして楽しいのです。

戦闘シーンとの相性抜群の理由はこれだ!

正直に申し上げると、4DXの満足度は作品との相性に左右されやすく、作品そのものにアクションシーンが少なめであったり、演出が十分に使われていなかったりすると、あまり楽しくなくてガッカリしてしまうこともありました。通常の鑑賞料金+1000円という決して安くはない価格設定ですから、やはり作品にマッチした4DX上映を選びたいものですよね。

しかし、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』には宙をダイナミックに舞いながら武器を放ちまくるアクションシーンがてんこ盛り。そのため、座席がグワングワンと動き、弾が連続して撃たれるシーンではエアーがこれでもかと吹き出すため、もうエヴァに乗り込んでいるような臨場感がありありで、大興奮できるのです。最高か!

そして、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』には、前述した4DX限定「雨」「雪」「シャボン玉」のいずれもしっかりと使われているのです。特に「雨」がどういう使われ方をしているかは……ちょっとネタバレになるので後述しましょう。今回の4DXで楽しいのは戦闘シーンだけじゃなかったことに感動しました。

なお、これからの4DX上映は3月26日公開の『モンスターハンター』、4月2日にリバイバル上映の『時をかける少女』などが待機しており、一時的に4DX上映が終了していた『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』も一部の劇場で再開するようです。4DX上映は、機会を逃すと基本的に二度とその作品では体験できないもの。ぜひ、お早めに体験することをおすすめします。

以下からは『シン・エヴァンゲリオン劇場版』4DXの演出の微ネタバレが含まれます。ラストシーンなどの核心的なものではありませんが、本編の展開の微ネタバレにも触れています。事前に知りたくないという方は、先に4DX上映を体験することをおすすめします。

NEXT|次ページ > 微ネタバレ注意!:雨の演出が「○○○」として使われていた!

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録