葉山奨之、独占インタビュー|映画『流れ星が消えないうちに』

流れ星が消えないうちに 葉山奨之 インタビュー

2015年11月21日(土)より全国ロードショーとなる映画『流れ星が消えないうちに』。本作で、波瑠さんが演じる主人公・奈緒子を置いて亡くなってしまった元恋人・加地を演じた葉山奨之さんに、シネマズが独占インタビューを行いました。本作で演じた役や、共演者の波瑠さんのこと、そして葉山奨之さんのひととなりに迫るインタビューをお届けします。

恋人が親友と付き合うなんて、死んでも死に切れない

―恋人役である、主演の波瑠さんの印象はいかかですか?

波瑠ちゃんは、お会いする前から抱いていた印象通りの人でした。人見知りもしないし、カッコいい感じの人。サバサバしていて、どちらかというと、お姉ちゃんって感じでしたね。

流れ星が消えないうちに

―その波瑠さん演じる奈緒子は、葉山さん演じる加地が亡くなったあとに、加地の親友であった巧と付き合いますが、もし葉山さんが実際に同じ状況になった場合、天国からそれを見てどう思いますか?

嫌ですね。自分が好きだった恋人が親友と付き合うなんて、死んでも死にきれないですね(笑)

―恋愛面では独占欲が強いタイプですか?

束縛とかはしないのですが、愛している人がそうなると嫌だなと思います。僕が残された側の女性だったら、付き合わないかなと思うんです。そもそも、亡くなった彼氏の親友と付き合うと、思い出しちゃったりとかするだろうし、つらいと思うんですよね。

―本作でも、奈緒子は同じように苦しみながら生きていますよね。

時間が解決してくれるのかもしれないですけど、やっぱり生きているうちは、どこか心の中に残るのかなと。

初の海外へのひとり旅行で恐怖体験

流れ星が消えないうちに

―今回、葉山さんが演じられた加地という役は、普段の葉山さんの印象とはまた違ったタイプの役だと思うのですが?

ほとんど真逆の人物だと思います。だから、なぜ僕にオファーが来たのかなと思いましたね。でも、監督や巧を演じた(入江)甚儀くんなどの僕以外の人は、僕が加地に見えると言ってくれるんですよね。こういうことを言うと生意気と思われるかもしれないですが、僕も割とこの先の仕事のことや人生のことを考えたりするタイプなので、似ているといえば似ているのかなと。けど、自分の中では似てないとは思っていますけどね(笑)

―そうなると、役作りをするのは大変だったのではないでしょうか?

そうですね。だから、結構原作も読み込んだし、役作りのために星座の勉強もして、それで役を掴んでいったりしました。加地は高校生の若いパワーを持っているけど、落ち着いている人物。あんまり感情を顔に出さないし表現しないので、セリフもあえて一直線で言っているし、そこをキープするのが難しかったというのがありますね。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com