LiLiCoが北村一輝に猛アタック!『猫侍 南の島へ行く』公開初日舞台挨拶

DSC06926_1200
猫と侍の旅を描いた動物時代劇『猫侍 南の島へ行く』の公開初日を記念し、9月5日(土)にシネマート新宿で舞台挨拶が開催されました。
登壇したのは、コワモテの侍・班目久太郎を演じる北村一輝さん、女海賊役のLiLiCoさん、渡辺武監督。そしてゲストに、相棒の白猫・玉之丞を演じたあなごとニャンまげが登場し、にぎやかな舞台挨拶となりました。

今作は、2013年に放送されたドラマ『猫侍』の劇場版第2弾。かわいい白猫と旅をする侍
のギャップが話題になった作品で、今回は南の島が舞台という、よりぶっ飛んだ設定に爆笑必死の内容になっています。

ドラマ版のファンも大絶賛!

北村さんは「やり過ぎてすみません! ゆるいゆるいと言いながら、本当にゆるくなってしまって、どうしようかな、と(笑)。最後のシゲルマツザキ(松崎しげるさん)が歌うエンディング曲でなんとかフォローしていただいたと思います。今日は軽快なトークでいろいろぶちまけようかと思います」と苦笑しながら、半ばやけっぱちな様子で挨拶。
「完成披露舞台挨拶では役衣装にお歯黒だったんですが、今日は“ドレスですよね?”と半ば決めつけてプロデューサーに確認しました」とLiLiCoさんは念願のドレスでの登壇に思いが晴れたよう。
監督もさっそく「バカな映画ですみません(笑)」と謝罪。「本日3回目の舞台挨拶なんですが、毎回謝ってます」と続けます。

客席は、そんな出演者たちを大きな拍手で迎え入れていました。
MCが「ドラマ版も観てた人~!」と呼びかけると、たくさんの人から手が挙がり、LiLiCoさんは「マスコミの皆さん、ここ撮ってくださいよ!!みんな手を上げてたよ~!うれしい〜!」とテレビ版からのファンの反応に笑顔を見せていました。


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com