『アウトレイジ 最終章』ピエール瀧の性癖に爆笑!女性にもオススメなその内容とは?

アウトレイジ 最終章 ティザービジュアル

(C)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

北野武監督の大ヒットシリーズ最新作、『アウトレイジ最終章』。映画公開前の、出演キャストによる盛んなメディア露出も記憶に新しい本作を、今回は都内の劇場で鑑賞して来た。北野武監督の本領発揮のバイオレンス映画3作目とあって、場内は満員状態。
果たしてその出来はどうだったのか?

予告編

ストーリー

関東の「山王会」と関西の「花菱会」の血で血を洗う抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳る影の大物である張会長(金田時男)の元に身を置いていた。ある日、麻薬取引で韓国に来ていた「花菱会」幹部の花田(ピエール瀧)が女絡みのトラブルで大友と揉め、張会長の手下が一人殺されてしまう。激怒した大友は自分で決着をつけるべく、単身日本に帰国。だが、時を同じくして当の「花菱会」内でも内紛による裏切りが勃発していた・・・。

見所は、欲望と義理の狭間で翻弄される男たちの姿!

1作目では関東と関西の組織同士の抗争、2作目では組織対国家権力の争いと癒着、そしてこの最終章で描かれるのは、もはや組織では無く個人の欲望と感情で暴走する男達の姿だ。

過去に組織の中で貧乏くじばかり引かされ、組織の勝手な都合の中で流され利用されて来た大友が、ついに全ての過去の因縁に清算をつけるため、再び日本に帰って来る!その設定だけでファンとしては期待大の本作だが、思えば1作目の抗争のそもそもの発端も、組織の上下関係を超えた個人の暴走によるものだったことを考えると、今回の「最終章」での決着は納得の幕引きだと言えるだろう。

アウトレイジ 最終章

(C)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

1作目では誰も信用出来ない状況の中で、昔ながらのやくざである大友が仲間を失いながら、何とか警察に保護されたものの、自身が見逃してやった木村に復讐されるという、完全に恩や仁義といった裏社会のルールが通用しない、正にタイトルの通り『アウトレイジ』な世界が描かれた。更に2作目では、実は生きていた大友が木村と共闘!ここでも組織と言う得体の知れない大きな怪物に翻弄される男達の姿が描かれていた。

それにしても、改めて過去作を見返してみると、1作目の大友と最終章の大友との変貌振りは凄い!

周囲の策略により次第に代理殺人マシーンと化していった大友が、異国の地である韓国に渡りやっと得た束の間の休息。それすらも脅かされ、大恩ある張会長にも危機が及んだ時、大友は再び日本のやくざ組織の闘争の中に身を投じる。

過去作とは違い、組織の命令では無く個人の義理と感情で動いた大友が、最後にあそこまでやり通さなければならなかった理由は、本作鑑賞後にもう一度1作目を見返すと良く理解出来るはずだ。

アウトレイジ 最終章 サブ4

(C)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

今回はシリーズ最終章にふさわしく、韓国まで舞台を広げるスケールの大きさの本作。多くの方が言っておられる様に、韓国の海や釣りのシーンなど、殺伐とした映画の中で唯一幸福でのんびりした時間が流れる部分は、確かに北野武監督の過去作「ソナチネ」を思い起こさせる。

迫り来る「死」を背中に感じながら、それでも破滅と殺戮に向かって突っ走る主人公は、正に「全員暴走」のキャッチコピーに相応しい姿だ。ただ、過去作でも死んだと思わせて我々の前に蘇ってきた大友だけに、本作のラストも次の展開に希望を持たせる物となっているのは、ファンに取っては嬉しいところ。

過去の2作とは違い、今回は強烈な殺しのシーンよりも人間ドラマ重視の内容なので、果たして誰が最後まで生き残るのか?先の読めない展開と、暴走と大殺戮が繰り広げられるラストまで、より多くの観客が楽しめる内容となっているので、是非劇場で!

意外にも一番印象的なキャラクターはあの人!

残酷な殺しの描写が過去作に比べて押さえられた分、前作に続いて狡猾な花菱会若頭の西野を演じる西田敏行や、本作で新加入の大杉蓮など、各キャラクターの個性と魅力が映画全体を牽引する役目を担っている本作。

今回特に観客の印象に残るのは、以外にも有名俳優ではなく、張会長を演じた金田時男だ。前作『アウトレイジ ビヨンド』でも強烈な印所を観客に残したこの俳優、実はプロの俳優では無く本業は実業家!確かに当初は「この見た事無い人は、誰?」との疑問が頭をよぎるのだが、映画が進むにつれてそんな思いは消え、遂には「この人スゴい!」に変わってくるのは流石!

アウトレイジ 最終章 ポスター

(C)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

もともと北野監督の友人であり、その存在感に惹かれた監督の抜擢により、アウトレイジシリーズで俳優としてデビューしたという経歴の持ち主だけに、ただそこに座っているだけでその場を支配する存在感は、確かに有名俳優とは違う迫力を観客に与えている。

そう、これこそ正に役者の存在感が、キャリアや知名度を越えて観客の心を掴む瞬間だ。中々出会えないこの瞬間を見届けるだけでも、劇場に足を運ぶ価値は充分あると言えるだろう。

最後に

「えっ、そっちの方なの?」と誰もが思う、ピエール瀧の意外な性癖など、今回も観客の予想を裏切る展開が満載の本作。

アウトレイジ 最終章 サブ2

(C)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

基本的に、過去作を未見の方でも大丈夫な本作だが、登場人物の背景や過去の因縁を深く知る上でも、前作『アウトレイジ ビヨンド』は復習しておかれた方が、より楽しめるかも知れない。

「やくざにも守らなければいけない道理がある」

『アウトレイジ ビヨンド』での大友の印象的なセリフが表す通り、組織内の力関係や出世のためでは無く、自分の未清算の過去への決着に乗り出す大友の姿は、シリーズ中で一番ヒーロー性を感じる。

最後まで徹底的に殺しまくった末に待ち受けるラスト。これをどう取るかで、本作の意味と鑑賞後の余韻は大きく違ってくるだろう。

過去2作とは違い、今回は若い世代の台頭と時代の移り変わりを描くのではなく、旧世代の狡猾さと裏切りや騙し合いを巡る攻防戦が展開する本作。ラストまで予断を許さない展開の中、果たして最後に生き残るのは誰なのか?

「指詰め」や「拷問」などの直接的な暴力描写は殆ど無く、暴力描写が苦手な女性の方にもオススメ出来る内容の本作。

今まで北野映画に触れていない方も、この機械に是非劇場へ!

このライターの記事をもっと読みたい方は、こちら

(文:滝口アキラ)

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com