『紅の豚』ポルコはなぜ豚になったのか?その疑問を解き明かす5つの事実

07%e7%b4%85%e3%81%ae%e8%b1%9a-02

(C)1992 Studio Ghibli・NN

本日11月11日(金)に金曜ロードショーで放送される『紅の豚』。美しい空と海で戦う爽快感、とにかくカッコイイ主人公、慕われる美女との恋愛関係、間が抜けていて憎めない悪役たち、活発な少女との交流……などなど、未だに色褪せない魅力が満載な名作です。

ここでは、『紅の豚』を観て多くの方が思うであろう「主人公のポルコ(マルコ)はなぜ豚になってしまったの?」という疑問について、それを解き明かすいくつかのポイントと、考察を書いてみます。

※以下からは『紅の豚』のラストを含むネタバレに触れています。これから観ようと思っている方はご注意ください。

1.ただ1人生き残ってしまった自分への罰のため?

紅の豚 1007006k

(C)1992 Studio Ghibli・NN

劇中では、ポルコがかつて戦争で親友を失っていたことが回想として描かれています。ポルコはそのとき、死んだはずの親友が向かった“ずっと高いところにある一筋の不思議な雲”に行くことはできませんでした。

この話を聞いたフィオは「神様がまだ来るなって言ったのね」と言いましたが、ポルコ自身は「お前はずっとそうして一人で飛んでいろって言われた気がしたがね。それに、あそこは地獄かもしれねえ」と答えています。

また、ジーナのお店では、ポルコが人間だったときのたった1枚だけ残った写真が飾られていましたが、その顔は塗りつぶされており、ポルコ自身はその写真を外さないことが気に食わないと言っています。

他にも、ポルコは「(戦争で)死んだやつはいいやつさ」とも言っています。つまり、生き残ったポルコは、自分が“いいやつ”だとは思ってはいないのでしょう。

これらからは、ポルコは人間だったことの自分を“黒く塗りつぶす”ほどに嫌っていること、自分だけが生き残っていたことに罪悪感を覚えていることがわかります。

だからでこそ、ポルコは魔法を自分自身にかけたのかもしれません。一般的には侮蔑の対象となりやすい豚という存在になって、生きている罪を背負おうと……。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com