映画も美味しく!ラーメン映画大特集!

現在、自粛生活を強いられている独り暮らしの人の中には、いつしか主食がインスタントラーメンと化している人も多いのではないでしょうか?(……って、それは私のことですけど)

ふと思うに、日本人は老若男女問わずラーメンが大好きなのでしょう。専門店は常に行列ができ、格安チェーン店では餃子と炒飯をセットにし、インスタントも今ではさまさまなバリエーションの品が次から次へと並び、一生飽きることはないといっても過言ではないほど!?。

そうした状況の日本だからこそ、ラーメンを題材にした映画やドラマも、かなり多く作られています……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街461》

今回はそんな映像の中のラーメンに、想いを馳せていきたいと思います!

ラーメンをメインに据えた
映画やドラマ

まずはラーメン映画の代名詞といえば、やはりこれ。

流行らないラーメン屋を営む未亡人タンポポ(宮本信子)に魅せられたタンクローリーの運転手(山崎努)が、味から何まで徹底指導して店を再建させるという伊丹十三監督のラーメン・ウェスタン映画『タンポポ』(86)です。

劇中はラーメンのみならず、さまざまな料理のうんちくも多数登場するグルメ映画としても楽しめます。

実は海外でも公開されてヒットした『タンポポ』ですが、それを見てラーメンの魅力に取りつかれた監督ロバート・アラン・アッカーマンが、何とブリタニー・マーフィ主演で東京を舞台に作り上げたラーメン映画が『ラーメンガール』(08)です。

これは恋人を追いかけて来日するもふられてしまったヒロインがラーメンの魅力に取りつかれ、ラーメン修業を始めるお話。師匠に扮するのは西田敏行。『タンポポ』の山崎努も『タンポポ』へのオマージュとして登場します。

人生に絶望していたふたりの女子高校生(中村ゆりか&葵わかな)が、祖父(石橋蓮司/彼も『ラーメンガール』に出演)が閉めようとしていたラーメン屋の名物の味を再現させようと奮闘するのが『ラーメン食いてぇ!』(18)。

若手女優コンビとベテラン名優のタッグが嬉しい映画ですが、そこになぜかウイグル自治区の大草原のドラマまで絡まってくる!?

実家のラーメン屋を継いだ若者(斎藤工)が、今は亡きシンガポール人の母が遺した日記をきっかけに、母方の親族との交流などを経てラーメンとシンガポールのソウルフード“バクテー(骨肉茶)”をミックスさせたラーメンテーを完成させるのが、日本=シンガポール=フランス合作の『家族のレシピ』(17)。シンガポール料理の美味しそうな風情も魅力的ながら、戦争の傷痕にも直視した姿勢に好感の持てる作品です。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com