『ジョーンの秘密』レビュー:スパイとして逮捕された老女の真相を描く衝撃作

(C)TRADEMARK (RED JOAN) LIMITED 2018

コロナ禍でハリウッド系の超大作が軒並み公開延期となっていく中、イギリス諜報部員007ことジェームズ・ボンドの活躍を描くスパイ・アクション・シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』も、当初は4月に世界公開する予定だったものが11月に延期となり、現在待機中となっています。

シリーズ第1作の製作から半世紀を超えた今も作られ続ける人気長寿シリーズ、キャストも当然ながらバトンタッチしながら継続しているわけですが、その中で現在、007の上司Mを演じる名優ジュディ・デンチが主演する『ジョーンの秘密』が8月7日より公開されます。

ジュディ・デンチが演じるのは主人公のジョーンではありますが、ではどんな作品かというと、何と彼女がスパイとして逮捕されてしまう、007ファンならずとも衝撃の内容!?

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街491》

そう、これは第二次世界大戦から東西冷戦期にかけて、実際に起きた事件を基に作られた“最も意外なスパイ”の真相と深層を描いた愛の映画なのでありました!

齢80を超えて逮捕された
老スパイの真実とは?

(C)TRADEMARK (RED JOAN) LIMITED 2018

『ジョーンの秘密』の舞台は世界がミレニアムに沸いていた2000年5月のイギリス郊外。

夫に先立たれ、仕事も引退し、齢80を超えて静かに独り暮らしの余生を過ごしていた温和な老女ジョーン・スタンリー(ジュディ・デンチ)の許を突然MI5が訪れ、彼女を逮捕しました。

罪状は、半世紀以上も前にイギリスの核開発の機密情報をソ連に流していたという、いわゆるスパイ容疑。

先ごろ死亡した外務事務次官W・ミッチェル卿が遺した資料の中から、彼女が当時のソ連KGBと共謀していた証拠が出てきたというのです。

ジョーンは無罪を主張し、弁護士の息子ニック(ベン・マイルズ)も母を信じて立ち会っていきますが、やがて次々と真実が明かされていきます……。

映画は若き日のジョーン(ソフィー・クックソン)が必死に生きていた第2次世界大戦前後の時期と、老いたジョーンが生きる2000年と二つの時代をカットバックさせながら、なぜ、かつてジョーンはソ連と共謀するに至ったかを明らかにしていきます。

そこには激動の時代の中、恋と政治思想の狭間に置かれ、翻弄されていくひとりの女性の意思に基づく勇気とも裏切りともとれる愛の悲劇が隠されていました……。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com