この夏のオモシロ三大海外アニメ映画!

2015年夏の映画界は『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』『ターミネーター:新機動/ジェニシス』『ジュラシック・ワールド』など、いつも以上にハリウッド・スペクタクル超大作が勢揃いしていますが、アニメーションも既に『バケモノの子』が文字通りバケモノ的大ヒットを記録。加えて『ポケモン・ザ・ムービーXY』などの定番ファミリーものや『ラブライブ!The School Idol Movie』もファンの底力で大ヒットするなど、なかなかの活況を呈していますが、実はこの夏、洋画アニメーション映画も大健闘しています。

というわけで、今回からこのコーナー・タイトルでいかせていただきます。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街~vol.1》

(タイトルの原点がわかるかたは、きっと70~80年代のAM深夜ラジオ好き!?)

妙味なクレイアニメ『ひつじのショーン』

まず、7月4日に公開された『映画ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~』は、『ウォレスとグルミット』シリーズ(85~)などのクレイ(粘土)アニメ制作で知られるアードマン・アニメーションズが製作した同名TVシリーズ(07~)の劇場版。もともと『ウォレスとグルミット』シリーズに出演していた羊のショーンを主役に据えたスピンオフもので、日頃牧場で暮らしているショーンら動物たちが、ふと自由を得ようと町へやってきたことから始まる騒動を描いていきます。

クレイアニメで表現される動物たちのコケテイッシュな動きや豊かな表情など、セル・ルックのアニメでは醸し出せない妙味が子どもだけでなく大人にも好評で、現に公開2日間の観客動員は何と9万人。興行収入も1.1億円を超えるというクリーン・ヒットとなりました(何と『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』『ラブライブ!The School Idol Movie』に続く第3位!)。

ここでは羊をはじめ、すべての動物(何と人間まで!)が言葉にならない音を台詞として発するのも特徴で、いわば字幕いらずの85分。小さい子どもでも安心して見せられるものです。ただし、それゆえに途中の演出的メリハリにもう一工夫あればといった不満も個人的にないわけでもないのですが、おおむね観客には好評。改めてアードマン・アニメの魅力を広く世に知らしめる結果となったようです。

© 2014 Aardman Animations Limited and Studiocanal S.A.


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事