伝説の女優・夏目雅子没後30年に捧ぐ さまざまな企画

■「キネマニア共和国」

今年は女優・夏目雅子の没後30周年にあたり、数々の催しやソフトや出版物の発売などが行われます。
もっとも今の若い世代の中には、彼女がどのような女優であったか、あまりよく知らないかたも多いのではないでしょうか。

というわけで……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街~Vol.14》

伝説の女優・夏目雅子の魅力を再確認したいと思います。

お嬢様的イメージから女優への麗しき飛躍

夏目雅子は1957年12月17日生まれ、神奈川県出身。子どものころにヴィットリオ・デ・シーカ監督の名作『ひまわり』を見て女優に憧れたとのことで、76年にテレビ『愛が見えますか』オーディションに受かって、本名で女優デビュー。
翌77年、カネボウ化粧品「クッキーフェイス」CMキャンペーンガールに選ばれ、そのくっきり日焼けした健康美が話題となり、これを機に夏目雅子と芸名を改め、78年には『トラック野郎 男一匹桃次郎』のマドンナに抜擢されました。
同時にテレビ『西遊記』で何と三蔵法師に扮し、性別を超えた美しくも気品ある僧侶の佇まいもお茶の間で人気を博しました。

80年にはドラマ『虹子の冒険』で初主演。またNHK『ザ・商社』では、それまでの明るくさわやかなお嬢様的イメージを払拭する女の業を体現。
さらには舛田利雄監督の戦争映画『二百三高地』で愛する者を戦地に送り出す悲しみを見事に描出し得たヒロイン像は、超大作の看板に堂々対峙する貫録を示し、女優として大きく飛躍しました。

「なめたらいかんぜよ!」のインパクト

BSTD02091-01k

(c)東映

そして82年、五社英雄監督の大ヒット作『鬼龍院花子の生涯』で土佐の侠客の養女に扮し、一族内外の壮絶なる抗争を見届けていく彼女の熱演は大いに注目され、「なめたらいかんぜよ!」の名セリフとともに一大ブームを巻き起こし、映画女優として確固たる地位を築き上げます。その直後には舛田監督の『大日本帝国』でも日本とアジア、二役の女性を見事に演じきりました。秋には第3次世界大戦の危機を描いた問題作『FUTURE WAR 198X年』で初のアニメ声優にも挑戦しています。

83年は『小説吉田学校』で政権の座にしがみつく父・吉田茂首相を悲しみの眼で見据える愛娘や、森崎東監督『時代屋の女房』では「何も言わず、何も聞かずが都会の流儀」とうそぶく謎のヒロインなどを好演。
SHBR-0328_S
(c)1983 松竹株式会社

そして相米慎二監督の『魚影の群れ』では、海に魅せられ、海に散っていく漁師の過酷な世界を舞台に、父親役の緒形拳を相手に堂々ぶつかりあう娘を熱演し、さらに一皮むけた大女優としての萌芽をここに示しました。

SHBR-0327_S
(c)1983 松竹株式会社

84年は篠田正浩監督『瀬戸内少年野球団』で戦後を生き抜くヒロインを好演、またこの年は結婚も果たしますが、そんな幸せ絶頂のさなか、翌85年2月に彼女は急性骨髄性白血病で突然の入院を余儀なくされ、そのまま同年9月11日、帰らぬ人となってしまいました。

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事