『サイゴン・クチュール』がヴェトナムから運ぶオシャレ・エンタメ大革命!

(C)STUDIO68

ヴェトナム映画と聞くと、多くの日本映画ファンはどうしても『地獄の黙示録』や『プラトーン』などヴェトナム戦争を描いた戦争映画を真っ先に思い出してしまうところがありますが、それらの大半はアメリカ映画であって、実際のヴェトナム映画は他のアジア諸国同様に今では多彩なジャンルの作品を発表し続けています。
(そもそもヴェトナム戦争終結から40年以上の歳月が流れているわけですし、ヴェトナムの人々からするといつまでも戦争のイメージで見られるのも心外ではあることでしょう)

今回ご紹介する『サイゴン・クチュール』も現在のヴェトナム映画の盛況を象徴するエンタテインメント作品で、簡単に言ってしまうと……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街425》

1969年から2017年のサイゴンにタイムスリップしちゃったヒロインが織り成すオシャレなファッション・バトル映画なのでした!

1969年から2017年のサイゴンに
タイムスリップしたわがまま娘!

『サイゴン・クチュール』の舞台は、まず1969年の南ヴェトナムの首都サイゴンから始まります。

9代続いたヴェトナムの民族衣装アオザイ仕立て屋の娘ニュイ(ニン・ズーン・ラン・ゴック)は、ミス・サイゴンに選ばれるほどの美人でスタイルもファッション・センスも抜群。

ただし性格はわがままお嬢様の極みで、アオザイを仕立てる昔気質の母(ゴ・タイン・ヴァン)とも対立しっぱなし。

そんなニュイがひょんなことから現代(2017年)のサイゴンにタイムスリップしてしまい、そこで変わり果てた姿の自分(ホン・ヴァン)と対面してしまいます!?

およそ48年の月日の中で、ニュイは急逝した母の店を継いでアン・カインと名乗ったものの、やがて店は傾き、倒産。それでも自堕落は収まらず、ついには生家まで取り上げ寸前の状態なのでした。

未来の悲惨な自分を目の当たりにしつつ、ニュイは自慢のセンスを駆使してファッション業界に躍り出て、アン・カインの家と店を取り戻そうとするのですが、彼女のセンスは1969年ではオシャレでも、2017年の今に通用するのか……!

まさに『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と『プラダを着た悪魔』を足して2で割ったようなヴェトナム版ファッションSFアドベンチャー映画、それが『サイゴン・クチュール』の本領といってよいでしょう。

1969年と2017年の濃厚な映像色彩を巧みに分けながら、徹底的にカラフル&ポップな世界を構築。

母親役で本作のプロデューサーも務めたゴ・タイン・ヴァン(ベロニカ・グゥ名義で『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』にローズの姉ペイジ役で出演! 2013年には世界美女ベスト10にも選抜)や監督のケイ・グエン、製作&コスチュームデザインのトゥイ・グエンをはじめ女性スタッフが多数集結し、洋の東西を問わず女性が好む要素をたっぷり導入。

現代ヴェトナム映画界を代表する若手人気女優ニン・ズーン・ラン・ゴック扮するヒロイン、ニュイのわがままコミカルな風情が次第に凛としたものへ変貌していく麗しい成長物語としても好もしく屹立しています。

正直、2020年正月映画の中でこれは大穴的快作であり、同時期のデート・ムービーにもっともふさわしい作品といえるかもしれません。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com