ヴァイオレンス映画の巨匠サム・ペキンパー監督 その真実の姿が明るみに!

大の日本びいきでもあった
傷つきやすいラフ&タフ

本作はドイツ生まれのマイク・シーゲル監督が、2002年からペキンパー映画ゆかりの俳優やスタッフらのインタビューを敢行し、05年に完成させたもの。
「血まみれサム」とも、「粗野で無頼(ラフ&タフ)」とも言われたペキンパーの赤裸々な人物像を、それぞれが豪快に吐露していきますが、こちらの予想をはるかに上回る狂気的言動の中から、実は気が小さくも優しい傷つきやすい彼の本質が見え隠れしていきます。
sub6
中でも圧巻なのは、『ワイルドバンチ』『コンボイ』に出演したアーネスト・ボーグナインの談話で、何を語っているかは見てのお楽しみとして、本当に狂気の沙汰としか思えないエピソードを、あの豪快な笑い声を交えながら語ってくれています。

本作の中では語られていませんが、サム・ペキンパーは大の日本びいきで、黒澤明監督の『羅生門』(50)を生涯の名作と讃え、また岡本喜八監督の時代劇『斬る』(68)などに魅せられ、自身も現代劇『キラー・エリート』(75)の中で何とニンジャ・アクションを披露してしまったほど。
黒澤監督の『影武者』(80)プレミア上映に招かれて来日もしていますが、そのときは上映中ずっと酔いつぶれて爆睡し、上映終了後「俺のためにもう1回フィルムを回せ!」と叫んだといった逸話も伝え聞くところです。
(彼が酒とドラッグでもっとも荒れていた時期でした)
sub8
映画評論家の淀川長治氏は『日曜洋画劇場』で『ワイルドバンチ』がオンエアされた際、「私はこの映画が嫌いです」と明言したことを覚えています。TV映画劇場の解説で、こういった否定の弁を発するとは前代未聞ではありますが、そう発言しても差し支えないほどの問題作であったことを、逆に彼は訴え得ていたように思います。

確かに『ワイルドバンチ』は当時の西部劇ファンに大きな衝撃を与えましたし、当時ハリウッドで西部劇に関わっていた映画人の反発も喰らいました。
その中には西部劇の王者ジョン・ウェインもいましたが、彼は何とその後サム・ペキンパーとの仕事を切望し続けていました。彼のヴァイオレンス演出そのものは否定しながらも、監督としての力量は高く評価していたのです。

51-rxkYHjyL

またペキンパーは『砂漠の流れ者 ケーブル・ホーグのバラード』(70)『ジュニア・ボナー 華麗なる挑戦』(72)で、暴力描写を一切廃した西部への哀悼劇も披露しています。

時あたかもヴェトナム戦争の影響もあって、アメリカ国内のフロンティア・スピリットの思想が崩壊し始め、マカロニ・ウエスタンやアメリカン・ニュー・シネマの到来で本場西部劇のアイデンティティが崩れ落ちようとしている時期でもありました。

そういった状況下で彼は西部劇にこだわり続け、また一方ではメキシコをこよなく愛し、それが昂じて『ガルシアの首』(74)なる現代アクション映画の傑作をものとしています。
sub5
これは個人的意見ですが、今のハリウッドは監督の個性がどんどん失われていく傾向にあると思いますが、そういった中で往年のペキンパー作品などを見ますと、映画はやはり監督の個性の賜物と唸らざるを得ないところもあります。

あたかも同時期に、ロバート・アルトマン監督のドキュメンタリー映画『ロバート・アルトマン/ハリウッドで最も嫌われ、そして愛された男』も公開されますが、かつての映画監督の個性というものに着目しながら、これらの作品に接していただけたら、また改めて映画の面白さとは何かを体感できることと思いますし、ひいては彼らの遺した作品群にも目を向けていただけたら、彼らのファンのひとりとして、こんな嬉しいことはありません。

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら

(文:増當竜也)

『サム・ペキンパー 情熱と美学』は2015年9月26日(土)公開!
公式サイト http://www.doc-peckinpah.com/

(C)2005-2015 El Dorado Productions. All rights reserved.


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com