「世界は今日から君のもの」あらゆるクリエイターと、クリエイターを目指す人たちに、ぜひ見てもらいたい秀作。

■「役に立たない映画の話」

(C)クエールフィルム





門脇麦の、微妙で精細な表情と台詞回し。


先輩 いやもう、試写を見て惚れ込んでしまいまして・・。


爺 門脇麦ちゃんが出ているからじゃろう(笑)。上戸彩、土屋太鳳に続いて麦ちゃんか。このミーハーめ(笑)。


先輩 ちちち違いますよお!!! 確かに麦ちゃんは、この映画でとても魅力的ですが、それ以上にこの作品は、ある種の人たちの琴線を確実に刺激します。クリエイターと呼ばれる方々が見ると、とても感動すると思うんです。


爺 そんなに感動的な映画なのか。「今日から世界は君のもの」。含みのあるタイトルじゃなあ。


先輩 その意味については、尾崎監督ご自身から聞きました。


爺 尾崎監督という方は? それほどたくさん映画を監督していないよね?

先輩 映画を監督するのはこれが2本目です。ただし、テレビドラマの世界では、もはやベテランと言える方で、「特命係長 只野仁」「結婚できない男」「梅ちゃん先生」「ブラック・プレジデント」「オトナ女子」などを書かれている脚本家です。



クリエイターならば、だれもが感情移入してしまうドラマ。


爺 で、どういう話なのかね?


先輩 一言で言ってしまえば、引きこもりだった女性が自分の才能に目覚めて、その道のプロになることを決意するまでを描いた物語です。


爺 えらくシンプルだな。


先輩 そのシンプルなプロセスを、実に丁寧に描いているんですよ。


爺 引きこもっている時の描写とか?


先輩 それもありますが、彼女が自分の才能に目覚めるプロセスとか、でもプロとして生きることの苦しさとか。正直、僕も似たような経験をしていますので、ちょっとうるうるしてしまいました。


爺 お前さんの場合、クリエイターとはまた違うだろう(笑)。


先輩 純粋なクリエイターではありませんよね(笑)。でも、ひとつの仕事をする。僕だったら1冊の本を書き上げて完成させる、そのプロセスでは同じようなことがあるんですよ。


爺 そーかいそーかい。


先輩 だから、この映画を見たクリエイターの人たちが、皆感動したり感激したり、僕のように「ここで描かれているのは、自分自身だ」と思った人も多いんじゃないでしょうか。


爺 監督自身の経験も入っているのかな?


先輩 少なからずご自身の体験を反映させたことはあるとは思いますが、そこはプロですから、それだけに終わっていない。面白くするための脚色やフィクション故の創作はもちろんあるでしょう。

(C)クエールフィルム





YOUの存在感と、真実の服の色の変化に注目。


爺 で、その引きこもりの女性が門脇麦ちゃんってことだな。


先輩 そうです。もう本当に、気が弱くて、心細くて自信がなくて人間関係を構築するのが下手で、見ていて守ってあげたくなる女性を演じています。ただし、実際の彼女はそういうタイプではないそうですが。


爺 その麦ちゃん演じる女性が、周囲の人との関わりの中で覚醒していくプロセスを描いているわけかい?


先輩 そうです。周囲の人たちも、すこぶる個性的で、なんたって麦ちゃんの父親がマキタスポーツさん、母親がYOUさん。


爺 いくらなんでも、濃すぎなんじゃないか(笑)?その両親は。


先輩 特筆すべきはYOUさんで、彼女は実の母親として麦ちゃん演じる真実に、けっこうキツい言葉を投げかける役なんです。でもそれは、母親としての愛情から出ている言葉であって、決して真実が憎いわけではない。そのあたりのニュアンスというか微妙なさじ加減を表現出来るのは、今、この女優さんしかいないんじゃないでしょうか?


爺 確かに適役だな。離婚した母親という役だから、母であると同時に、女としての存在感も求められる。そういうキャラを演じるの、YOUはうまいよね。


先輩 それと、真実が覚醒していくプロセスを分かり安く表現しているのが、彼女が来ている服装。この衣裳、すべて古着なのですが、その色合いに真実の精神状態が反映されているんですよ。


爺 そりゃまたベタな(笑)。


先輩 ラストシーンでは、彼女は真っ白い服を着て微笑みます。

爺 そこまでにどんな事が起きるのか、楽しみに見てみよう。その尾崎監督とは、お会いしたのかね?


先輩 はい。インタビューしてきました。近くここで披露すると思いますが、ディテイルの意味や、それぞれのキャラクターの役割とか、色々とお話してもらいました。


爺 それは楽しみだ。

■「役に立たない映画の話」をもっと読みたい方は、こちら



(企画・文:斉藤守彦)



    ライタープロフィール

    斉藤守彦

    斉藤守彦

    斉藤守彦(さいとうもりひこ) Morihiko Saitoh 静岡県浜松市出身。映画館、ビデオ会社でのアルバイトを経て、映画業界紙「東京通信」記者 (後に編集長)に。1996年からフリーの映画ジャーナリスト/アナリストとなり、以後多数の劇場用パンフレット、「キネマ旬報」「HiVi」「ザテレビジョン」「日経エンタテインメント!」「宇宙船」「スターログ日本版」「INVITATION」「東京カレンダー」「アニメ!アニメ!」「フィナンシャル・ジャパン」「Pen」などの雑誌・ウェブメディアに寄稿。2007年秋に「日本映画、崩壊 -邦画バブルはこうして終わる-」を、08 年「宮崎アニメは、なぜ当たる -スピルバーグを超えた理由-」、09 年「映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか?」、 10 年に「『踊る大捜査線』は日本映画の何を変えたのか」(共著) を上梓。 他の著書に「図解でわかるコンテンツ・ビジネス」1〜4(共著)、「ソノラマ MOOK/ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」(構成・執筆) 、電子書籍「日本映画、飛躍と困惑の過去・現在・未来」等があり、ここ数年は「映画宣伝ミラクルワールド」「80年代映画館物語」と、独自の視点による書籍を執筆。2016年3月には新作「映画を知るための教科書 1912−1979」が世に出る。現在、水道橋博士編集長のメールマガジン「メルマ旬報」で「2016年映画館物語」を連載中。また「BOOKSTAND映画部!」で、「映画を待つ間に読んだ、映画の本」と「映画惹句は、言葉のサラダ」の2つの連載を行っている。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com