『仮面ライダー 令和ザ・ファーストジェネレーション』は120点の傑作映画!高評価の理由とは?

■オジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会

『仮面ライダー 令和ザ・ファーストジェネレーション』、結論から言うと辛めに採点しても120点の傑作映画でした。

昨年の『仮面ライダー 平成ジェネレーションズFOREVER』、そして今年夏の『仮面ライダージオウ Over Quartzer』ではそれぞれ、佐藤健さん、そして木梨憲武さんが登場するサプライズで劇場のお客さんを沸かせたのは記憶に新しいところですが、今回はそのようなサプライズはありません。にも関わらず今回も会場は沸いていました。

それは単純に作品の力、そして巧みに紡がれたストーリー、仮面ライダーという枠を取っ払ってもハリウッドのアクション映画に引けを取らない迫力のあるシーンの連続にお客さんが魅了されていたほかありません。

まず釘付けになったのは銃撃戦の数々。弾丸の弾道を追うカメラワークはそれは秀逸。

これ仮面ライダーの映画やんな?と疑うほど本格的なガンアクション。

その弾丸が行ったり来たりするのがスクリーンに映されることで、戦場の奥行きが伝わり、見てるこっちもまるで戦闘に参加してるよう。

しかも弾丸も、銃によって形がしっかり変わってたりする本気具合。

また杉原監督は、わざわざキャストに銃の扱い方の練習日を設けて体に馴染ませたとおっしゃっており、それが戦場の激しさを演出するのに効果的だったのは作品を見れば一目瞭然。

滲み出る熱量を、これでもかと体感させていただきました。

銃撃戦だけでなく、変身後のアクションももちろん最高。

1話、2話に見た、今まで特撮で見たことのないアニメ的なアクションが、この映画ではさらに進化。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com