おうちで映画も美味しく!そば&うどん映画映画特集!

押井守監督と
立ち喰い蕎麦

蕎麦に映画作家的こだわりを示し続けているのが押井守監督です。

しかも普通の蕎麦というよりも、立ち食い蕎麦!

押井監督はTV『うる星やつら』(81)の頃からたびたび立ち食い蕎麦にまつわるウンチクを披露し、OVA『御先祖様万々歳』(89~90)を再編集した映画『麿子』(90)では立ち食い蕎麦屋を基軸に回想のドラマが描かれていく構成を採っていました。

そして初の実写映画『紅い眼鏡』(87)などにも登場した立喰師(立ち食い蕎麦のウンチクや説教を垂れながら無銭飲食する伝説の食い逃げ犯)をモチーフにしつつ、何と日本の闇の戦後史をナレーターの山寺宏一が延々とひたすらしゃべり続けるという(収録中、酸欠状態になったとの逸話も!?)前代未聞の壮大なる構想のスーパーライヴメーション(要は3DCGの紙人形アニメです)『立喰師列伝』(06)を発表します。

続いて、同作にも登場する伝説の立喰師“ケツネコロッケのおぎん”(兵藤まこ)の行方を追い求めるというスピンオフ実写作品『女立喰師列伝 ケツネコロッケのお銀―パレスチナ死闘編―』(06)を、さらにはそのシリーズ化をはかって仲間たちと分担して撮った6話の実写オムニバス映画『真・女立喰師列伝』(07)を発表するのでした。

押井監督の立ち食い蕎麦に対するこだわりとは、一体何なのか? 

正直私には皆目見当もつかないのですが(実は昔、取材でご本人に質問したこともあったのですが、何とも難解な答えが返ってきたような思い出が……。押井マニアの方々にも一度レクチュアをお願いしたいところです)、ただし立ち食い蕎麦ファンのひとりとしては、何となく肌で実感できるところはあるのでした。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com