『サバイバルファミリー』が描く、もしも電気も水道もガスも止まったら?

■「キネマニア共和国」

(C)2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ

もし今の生活から電気はもとより水道、ガスなどのライフラインが全部止まってしまったら?

ここ数年の大災害の数々を踏まえ、時折ふとそんなことを考えてしまうことってありませんか?

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街vol.203》

映画『サバイバルファミリー』は、そんなライフラインが途絶えてしまった日本の姿をシミュレーションしていくヒューマン・パニック・ファミリー映画です!

ライフラインが途切れた中で
旅を続ける家族のロードムービー

本作の内容は実にシンプルで、ある日突然電気もガスも水道も止まってしまいます。

理由は何故だかわかりません。

(どことなく、神が奢れる人間に下した罰であり、試練のような趣も感じます)

テレビもスマホも役に立たず、トイレも水で流せなくなり、洗濯もできず、やがて食料が底をつきはじめていく中、東京で暮らす人々たちの間では「大阪に行けば電気が使える」といった噂が飛び交いはじめ、ある一組の家族が一念発起して、自転車で(電車も飛行機も動かない。車のガソリンもなくなってしまったようです)大阪まで旅立ちます……。

それまで当たり前だと思いこんでいたライフラインがなくなってしまうと、人間が一体どうなってしまうのか?

家族や人間同士の関係性や絆は?

深刻に考え出すときりがなくなるこの問題をテーマに、極上のロードムービーとしてのヒューマンドラマを構築してくれているのが矢口史靖監督。

これまでにも『ウォーターボーイズ』(01)や『スイングガールズ』(04)など、ちょっと視点をずらした発想の数々で活きのいい上質な作品をモノとし、最近は林業コメディ『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』(14)でも気を吐いてきた彼ですが、ここでは人が生きていく上で真に何が必要なのかといった根源的問題に果敢に、しかも独自のユーモアを忘れることなく挑戦しています。

特に食料の問題に関しては、踏み込まざるを得ません。

それは、生き物は生き物の命を奪って生きる糧としているという厳然たる事実であり、本作はその部分からも目をそらすことのない描出の数々がなされています。

養豚場から逃げ出した豚を家族全員で捕まえようとするシーンなど、ユーモラスではあれ、どこか身につまされるものがあります。

サバイバルファミリー ネタバレなし

(C)2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ

電気がなかったら
映画も見ることができない!

家族に扮するのは、父親=小日向文世、母親=深津絵里、長男=泉澤祐希、長女=葵わかな。

それぞれの現代人としてのアイデンティティが未曽有の大パニックによって崩壊し、その中から少しずつ人間本来の生き方を痛感させられていく姿が、微笑ましくも感動的に映えています。

一方、そんな生活を楽しんでいるかのように旅をしているアウトドア家族(時任三郎、藤原紀香、大野拓朗、志尊淳)との対比も、どことなく笑えつつ、どことなくスマートに生きることって何かつまらないなと思わせてしまうのも、この映画の天の邪鬼な微笑ましさでしょう。

かつて黒澤明監督のオムニバス映画『夢』の最終話で電気が引かれていない村が登場し、水車小屋の老人が「電気なんか、いらん」と言い放つところで、私などは「電気がなければ、あなたたちが作る映画も見られないじゃないか!」と妙に反発したことがありましたが(もちろんそれは比喩的な意味合いであると、今では納得していますが)、本当に電気がなければ映画も見られないわけですから、我々はもっと謙虚にライフラインというものを見据え直していく必要があるのでしょうね。

『サバイバルファミリー』とは、そんなことまで語りかけられ、考えさせられる、そんな作品です。

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら

(文:増當竜也)

関連記事

主演・小日向文世、妻役に深津絵里!矢口史靖監督最新作『サバイバルファミリー』


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou

    鹿児島県出身。映画文筆。

    朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。

    取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。

    編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊)

    その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。

    ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊)
    現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com