『天空の蜂』脚本プロデューサーティーチインイベント取材レポ!

2015年9月12日(土)に全国公開の映画『天空の蜂』に先駆けて、チケットぴあ×シネマズ合同企画のティーチイン試写会を実施しました。
今回は、脚本を担当された 楠野一郎さんと、松竹映画企画室の福島大輔プロデューサーを迎え、シネマズのコラムニストでもある八雲ふみねさんの司会で、会場に集った映画ファンの方からの質問にお答えいただきました。
「天空の蜂」
観客の方から鋭い質問も飛び出し、笑いを交えながらも心に刺さるイベントとなりました。
その時の模様を全文書き起こしでお届けいたします。

『天空の蜂」ティーチイン試写会公開質問全編書き起こし

IMG_9903
[八雲ふみね(以下・八雲)]楠野さんの方からのご要望で、脚本を読ませて頂いたのですけれども、今日お越しのお客さまの中にはおそらく原作もお読みの方結構いらっしゃるんじゃないですかね?どうでしょう、原作お読みになって、映画ご覧いただいた方どれくらいいらっしゃいますでしょうか?
(3割ほど手が挙がる)
あ~、やっぱりいらっしゃいますよね。あれだけの膨大な原作を、そして読むと専門用語多いですし、人物像も凄く入り組んでて登場人物多いし、結構読んでるうちにアレ?この人誰だったっけ?みたいな感じでこう、戻りたくなっちゃうような(笑)脚本を、本当に見事に一冊にまとめ上げた!っていう所もあるんですけれども、早速質問の方に参りたいと思います。

Q「ビッグBを奪った男に綾野剛で、影のある事件の鍵を握る女性社員に仲間由紀恵を起用したのはどういう意図からでしょうか?」

[福島プロデューサー(以下・福島)]今回綾野さん、仲間さんのキャスティングなんですけれども、順番としましては江口さん本木さんを、当然湯原・三島を最初にキャスティングしながら、その次に行ったのが綾野さんですね。
IMG_9811
綾野さんは、やっぱりまぁ今これだけ勢いがあるのと、何回かイベントで既にもう本木さんから説明があったんですけれども、監督が綾野さんと一回ご一緒したいという非常に強いラブコールがありまして、プロデューサーと監督の意見が一致したというところでもうすぐに持っていって、脚本も製本する前にお持ちしたところ、先方も綾野さん及び事務所の、本木さんと江口さんと堤さんと一緒に出来るという所に凄い魅力を感じて頂いて、本当にほぼ二つ返事で。読んで、1日2日後くらいにお返事を頂いた、というような流れでした。
で仲間さんに関しましては、やはり堤さんとの15年以来のトリックコンビと言いますか、業界でたまにある話しとしまして、堤さんの中の仲間さんの像は固定し過ぎていて、他の堤さん作品で出しづらいんじゃないかないかみたいな。逆に言うと、仲間さんが堤さんの他の作品に出たい!という意識があって、今回オファーしたところ、丁度「花子とアン」のNHK朝ドラ真っ最中でもの凄い忙しかったんですけれども無理言ってスケジュールをこじ開けて頂いて、なんとかスケジュールを調整して頂いたというような流れで決まったという形でした。

Q「どちらかというと、影のある仲間由紀恵さんのほうが凄く魅力的なんですけれども、そういった所も惹かれたという事ですか?」

[福島]そうですね。最初の衣装合わせで、監督の第一声が「とてつもなく地味にしましょう。」と。なんにせよ今までのは全て忘れて、今までの山田ナオコとかそういうキャラクターは一回捨てて、なんにしろ今までの華やかさとか、仲間さんらしさとか、なんかこう内から湧き出るものとかを抑えてもらって、必死に目立たないように目立たないようにしましょう。っていうのを一番最初に監督と仲間さんで話がストンと落ちたという感じでしたね。

[楠野]あと仲間さんに関して言いますと、僕は別にキャスティングには基本的には脚本家って効力は無いんですけれども、僕自身のイメージでいうと、鶴田法男監督の「リング0-バースデー-」ってご覧になってますか?仲間由紀恵さんも出られた。
あの時まだ20-21歳くらいで、「トリック」もやる前で、もちろん「ごくせん」とかもやる前なんですが、仲間由紀恵さんに関して言うと僕「トリック」「ごくせん」も凄く好きなんですが、「リング0-バースデー-」が未だに一番仲間さんのベストアクトだと僕は思っておりまして、異常にもう、ましてや貞子ですから(笑)影もなにもあれだけの怨念を背負って井戸の中で閉じ込められて、それを何十年何百年と怨念をこの世界に残して大変なことになる、という役なんですが、その時の仲間さんが僕は未だに非常に印象に残ってるし、
その後どうしてもコメディーとか、TV連ドラでやってる方が印象に残り勝ちなんでですけども、ああゆう仲間さんやっぱり、たまには見たいなっていうものも、特に映画で見たいなっていうものもあったりもしましたんで、あの仲間さんが赤嶺の役って聞いた時に、あぁそれは凄くいいなと。
IMG_9864
まぁご覧になって頂いた通りの、彼女の怨念というか念というか、秘められた想いとか口には出来ないずっと溜めてきたもの、みたいなものがある種で裏で話を動かす映画なので、そういう事も含めて何か僕は、赤嶺みたいな仲間さんもその流れなのかなとは思っております。
あくまでキャスティングに関しては第三者なんですけれども、ある種映画ファン的な視点としては凄く腑に落ちた仲間さんのキャスティングだなという気が僕はしました。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com