堤監督が江口にトム・クルーズを連発!『天空の蜂』完成披露舞台挨拶

天空

シネマズ公式ライターのアスカでございます。

原発とテロという深刻なテーマにも関わらずエンタテインメントな作品に仕上がっている映画『天空の蜂』。2015年8月20日には完成披露試写会&舞台挨拶が行われ、江口洋介さんと本木雅弘さんらが会場を爆笑の渦に巻き込んでくれました!

『天空の蜂』は超巨大なヘリコプター「ビッグB」を奪い原発を標的にして原発廃棄を訴えるテロリストとそれと戦う人々を描いた作品。東野圭吾の同名小説を『トリック『20世紀少年』で知られる堤幸彦監督が映画化しました。

1

登壇者全員の挨拶

舞台挨拶には江口洋介さん、本木雅弘さん、綾野剛さん、國村隼さん、佐藤二朗さん、やべきょうすけさん、松島花さん、落合モトキさん、永瀬匡さん、石橋けいさん、堤幸彦監督、そして、主題歌「Q&A」を手掛けた秦基博さんの12人が登壇。まずはひとりひとりの挨拶が行われました。

2

江口洋介「こんばんは。江口洋介です。去年の夏、ちょうど今頃ですけど記録的猛暑とまではいかなかったですが、その暑い中この映画に取り組みました。蜂といっても巨大なヘリですよ。果たして蜂と呼べるのか、ヘリと呼べるのか、デカい科学兵器が対戦相手です。そのビッグBというヘリを設計した男の役を演じています。全国民が人質となるのですが、これがテロと呼べるのか、それがひと言では言えない。作品はジェットコースターに乗ったようなエンタテインメントになっています。それをぜひ大スクリーンで楽しんでください!」

3

本木雅弘「私ごとではありますが、この作品が40代最後の作品になります。こんなに大きな作品で、こんなに意義あるテーマの作品に参加できて嬉しく思います。」

4

綾野剛「みなさん、こんばんは。(会場を見渡して)ここはどうなってるんですか?こういう風にちゃんと見たことがなかったので。」
佐藤二朗「何の話?大丈夫?(笑)」
綾野剛「心から誇りに思える作品に参加できたと思います。みなさんに訴えかける何か強いメッセージがあると思いますので短い時間ですがよろしくお願いします。」

5

國村隼「この映画、扱ってる題材がけっこう微妙なんですが、さすが堤監督が上質なエンタテインメントに仕上げてくれました。」

6

佐藤二朗「ここはどうなってるんですか?(会場爆笑)・・・あのですね、この作品は一級のサスペンス
であり、一級の人間ドラマであり、一級の社会派ドラマだと思うですが、僕は作品を観て特筆すべきところは面白いってことです。とにかく面白い。存分に楽しんでください。」

7

やべきょうすけ「私ごとですが、来年で芸歴25年を迎えますが、非常に撮影中に困難なことが多発しまして、簡単に言うとNGを連発したってことなんですが(笑)観てくださった方がいろいろなとらえ方ができる作品だと思います。いろいろな話が盛り込まれておりまして、人と人との絆も描かれている作品です。」

8

松島花「この作品が初めての映画出演だったのですが、かなりプレッシャーもあり、ワクワク感もありました。実は江口洋介さん以外の方とお会いするのは今日が初めてなので、この日を迎えられて嬉しく思います。」

9

落合モトキ「こんな素敵なキャストのみなさんと壇上に並べて最高の気持ちです。この作品を観て、無限の大きな力を感じていただけたら嬉しいです。」

10

石橋けい「念願の堤監督の作品に出れて嬉しいです。江口洋介さんの妻役をやらせていただいたのですが、観ていただくとわかるように冒頭からとても冷えきった夫婦なんですね。江口さんの大ファンなのでとても心苦しい複雑な気持ちでお芝居をしていました。」

11

永瀬匡「撮影初日のときに僕が衣装を着て行ったら、堤監督からベトナム兵みたいだと言われ、これでつかみはバッチリだなと思って全力で挑みました。この作品は原発という深刻なテーマの作品なんですが、目を背けたらいけない問題だと思うので、この映画を観終わったあとに立ち向かわないといけないなと背中を押してくれる作品だと思います。」

12

堤監督「(会場にお客さんが)こんなにたくさんいらっしゃると、これでお客さんが全部なんじゃないかという気がします(会場爆笑)。今日ご覧になって気に入ってもらえたら、1人でも2人でも多くの方に声をかけていただきたいと思います。この作品は東野圭吾先生が20年前に書いた小説が基になっております。まるで未来を予知するような素晴らしい先見性に満ち溢れるような小説でした。この仕事が決まったときに本当に私で大丈夫かなと心配になりましたが、長く一緒に仕事してきたチームで協力し、ひとつひとつ調べ、調査をしてこの作品の撮影に挑みました。つい最近までCGの作業をやっておりまして、それだけ力を注ぎ込んだと思って観ていただきたいと思います。いろいろなメッセージも込められていますが、兎にも角にも楽しんで観ていただきたいと思います。」

13

秦基博「完成した映画を観させていただいてからこの楽曲(映画主題歌)の『Q&A』を作らせていただきました。天空の蜂が持つスケール、スリリングさ、そしてメッセージに寄り添えるような曲が作れたらなと思って作りました。ぜひ、映画の一部として聞いていただければと思います。」

14

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事