『アンフェア the movie』の斉木と後藤について完全ネタバレで立場を整理してみる

(c)2007 関西テレビ放送 フジテレビジョン 東宝

9月25日(月) の21時よりフジテレビ系で放送される『アンフェア the movie』。アンフェアシリーズの映画化第1弾で、興行収入27億円の大ヒットを記録した話題作です。多くの謎を描いた作品ではありますが、アンフェアシリーズ最終章の『アンフェア the end』を見てから、この映画を見直すと印象が全く異なります。

今回は完全ネタバレで、『アンフェア the end』を迎えた上での『アンフェア the movie』の斎木(江口洋介)と後藤(椎名桔平)を中心とした真の目的を整理してみます。

※本記事は本日放送される『アンフェア the movie』と、最終章『アンフェア the end』のネタバレをしています。未見の方は最低限本日の放送後にチェックをしてください。

状況整理その1:『アンフェア the movie』には“黒幕”は登場しない。

アンフェアシリーズは、ドラマシリーズで推理小説型予告殺人事件等の黒幕が判明。しかし、篠原涼子さん演じる主人公の雪平夏見の父親を殺した真の犯人はわからず仕舞い。どうやら“組織側の人間”が父親殺しの犯人のようですが、結果的には最後の映画である『アンフェア the end』まで明らかにされませんでした。

アンフェア the end DVD スタンダード・エディション

『アンフェア the movie』では“組織側の人間”を探す途上の物語が描かれ、スペシャルドラマから登場した江口洋介演じる斉木、そしてこの映画から登場した椎名桔平演じる後藤ら新しいキャラクターが、疑わしい行動をあれこれしていきます。

その過程で雪平は「もしかしたら斉木は“組織側の人間”?」と思ったり「後藤の行動の真の目的は?」など様々な疑念を抱いていくのです。

(c)2007 関西テレビ放送 フジテレビジョン 東宝

状況整理その2:斎木(江口洋介)も後藤(椎名桔平)も、黒幕側の人間ではない

主人公の雪平夏見以外で、本作で存在感を見せるのは、斉木(江口洋介)、後藤(椎名桔平)、そして戸田(成宮寛貴)。戸田は実行犯なので“組織側の人間”どうこうとか関係なさそう。実際関係ありませんでした。

で、斉木と後藤は実際何を考えて行動していたのか。この映画で最大のポイントでもあるので、整理してみましょう。

結論から言うと、
「二人とも“組織側の人間”ではなく雪平と同じ志で警察を根底から変えようとした人物」でした。

“組織”の不正を暴くために後藤は立てこもり事件を実行犯として引き起こし、機密データを盗み出しました。もちろん後藤と斉木はグル。

最終的に斉木だけが生き残ったのは、後藤に実行犯としての罪を全て擦り付けることで表向きの悪役に仕立て、自らは盗み出した機密データを使い警察組織を変えようと思ったです。

斉木はあれこれ汚いことをしましたが、志は雪平と同じだったわけです。雪平もなかなか乱暴な性格なので、「もしも、斉木も雪平も冷静なら、二人で組んでもっと良い形で警察を変えられたのではないか?」なんて思ったりもしてしまいます。まあ物語に「もしも」は禁句ですけれども…。

(c)2007 関西テレビ放送 フジテレビジョン 東宝

状況整理その3:薫ちゃん(加藤雅也)も山路(寺島進)も小久保(阿部サダヲ)も、黒幕側の人間ではない

最後の映画、『アンフェア the end』を迎えた結果、薫ちゃん(加藤雅也)も山路(寺島進)も小久保(阿部サダヲ)の誰もが“組織側の人間”ではないと判明しました。厳密には薫ちゃんは二重スパイでしたが、雪平を最後の最後までぎりぎりのところで守ろうとする男であったことがわかりました。

『アンフェア the movie』においても、薫ちゃんは怪しい行動を多々行います。しかもクライマックスでは斉木を射殺までしています。(顔は映りませんが、派手なベストが一瞬見えたので薫ちゃんで確定です)

薫ちゃんがなぜ斉木を殺したかは不明です。おそらくですが、遠目から斉木と雪平を監視していたところ、雪平の命が危ないと推測したのでしょう。実際危なくも無かったので斉木はかわいそうなわけでしたが…。

(c)2007 関西テレビ放送 フジテレビジョン 東宝

裏切りの次ぐ裏切り、混乱する人間関係こそアンフェアの魅力!

『アンフェア the movie』では前述の通り“組織側の人間”の主要どころは登場しません。登場し始めるのは映画化第2弾の『アンフェア the answer』からです。

アンフェア the answer

次々に裏切り者が登場し、シリーズが進むにつれ人物相関図も複雑になっていくアンフェアシリーズ。混乱された方も相当いらっしゃると思います。私も結構…。

しかし、その混乱、頭をフル回転して色々思い出すその瞬間は面白かったりするんですよね。時折、「これちゃんと終われるのか…」と不安になることもありましたが、『アンフェア the end』でちゃんと終焉を迎えました。

今夜は『アンフェア the movie』の放送。放送終了後に「続きどうなるんだ!?」と思われた方は是非あと2本の映画『アンフェア the answer』と『アンフェア the end』をチェックしてみてください。

『アンフェア the movie』は本日9月25日(月) の21時よりフジテレビ系にて放送です。

(文:柳下修平)

関連記事

『アンフェア the end』のクライマックスを整理してみる
いよいよ真実に辿り着く―映画『アンフェア the end』本予告解禁
アンフェアなのは誰か?10年の歴史に幕『アンフェア the end』特報公開


    ライタープロフィール

    柳下修平

    柳下修平

    シネマズby松竹編集長、1986年生まれ、今年で30歳。個人ブログ「Cinema A La Carte」も運営。幻冬舎「Ginger」及び「Spark Ginger」で映画コラム連載も。ブロガーメルマガEdge Rank執筆メンバー。映画以外ではカメラと旅行が趣味。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事