おおらかなキスをしてみたい―映画『XXX』矢崎仁司監督独占インタビュー

XXX 矢崎仁司監督 独占インタビュー

最新作『XXX(キスキスキス)』が公開中の矢崎仁司監督に、本作に関しての単独インタビューを実施した。若手作家集団と取り組むこととなった経緯や、宣伝も配給もない中で作った本作における苦労話、そして今の日本映画界に対する矢崎監督の気持ちなどを伺った。

矢崎仁司監督が若手脚本家集団・チュープロと挑んだ『XXX』

XXX 矢崎仁司監督 チュープロ 初恋
映画『XXX』より『儀式』のワンシーン

―『XXX』は、宣伝も配給も実質なしで公開という、矢崎監督にとっては異例な作品かと思いますが、どういった経緯でつくられることになったのですか?

“映画24区”のワークショップでそこに集まった俳優さんたちで映画を撮ろうという企画が持ち上がったんです。その時に一般公募したシナリオが、ストーリーしか書かれてないシナリオばかりで、元々映画24区でシナリオを勉強した人たちの中から、今回『儀式』の脚本を書かれた武田知愛さんを紹介してもらいました。

それで『1+1=1 1』という作品が出来たんですが、一緒にやってた時に彼女のすごいめげないタフさに惚れまして。彼女は「自分たちで個々の小さなシナリオのコンクールとかで賞をもらったとしても、なかなかオリジナルの脚本は映画になりにくい。けれど、なんとかみんなでめげずに書こうよ」と、チュープロという若手脚本家集団を結成して、キスをテーマに短編を書いてそれを映画にしようという企画を立てたんです。そして、それを僕のところに持ってきたんです。

―それで、すぐ撮ろうとなったのですか?

いえ、実はその企画を武田さんが持ってきてくれた時、僕よりもこういう映画がうまい人がいっぱいいるからと断ったんです。だけど、めげずに書きなおして持ってくるんですよ。そうしていくうちに「一緒に映画を作るか」となりました。でも、結局1年ぐらい脚本の直しをしましたね。それでも本当によくついてきてくれて、武田さんとは来年公開予定の『無伴奏』でも脚本をお願いすることになりました。

―撮影中もチュープロのみなさんの熱意が溢れていたとお伺いしました。

撮影期間ずっと泊まり込みで付き合って、ご飯をつくってくれたりしたんです。俳優さんたちにも、評判のいいおにぎりやサンドイッチで。けれど、彼女彼らは、車の運転免許のない人ばかりだったので、リアカーで撮影現場まで運んできてくれたんですよ。

―今どきリアカーとはすごいですね!

そうなんです(笑)しかし、普段はシナリオを書いている人たちですから、映画の現場のことをよく知らないのですが、彼女たちも実際自分が書いた脚本が、生身の俳優さんたちが動き、セリフとなって声になる瞬間というのは、かなり感動しただろうなって思います。

衣装はほとんど俳優の自前。全員が一丸となった現場

XXX 矢崎仁司監督 チュープロ さよならのはじめかた
映画『XXX』より『さよならのはじめかた』のワンシーン

―今回の撮影はすべて山梨県で行われたとのことですが、どうして山梨だったのでしょうか?

これで映画にするとなり、脚本を共感してくれた人たちがみんな集まってくれたのですが、いかんせん交通費と食費ぐらいが集まっただけで、このまま撮影に入ったとして制作実行費としてはかなり厳しかったんです。そこで、山梨の僕の実家にみんなで雑魚寝して撮ろうかって話になり、山梨で撮影することに決めました。

―そこまでして撮ろうとしたのは、チュープロのみなさんの熱意が大きかったのでしょうか?

そうですね。それと、自分も最近は商業映画が多かったので、初心に帰ろうかなと思ったのもあります。あの頃の映画作りを、もう一度やってみようかなというタイミングでもありましたね。

―本作のキャスティングはどういう風に決まったのでしょうか?

今回出資してくれた俳優のプロダクション、アンフィニーの斎藤緑さんが、彼女の人脈をフルに使って、この人がいいんじゃないかという人に「本当にお金の無い現場だよ?メイクさんもいないよ」とか「衣装も自前だよ」みたいに説明してもらったうえで、なおかつ、脚本に共感してくれた人を選んできてくれたんです。結局メイクは宮本真奈美さんが駆け付けてくれましたけど、衣装はほとんど俳優さんの自前でしたね。

―だから、すごくリアリティがあったんですね。

斎藤さんには、素晴らしい出会いを作っていただき感謝してますね。

XXX 矢崎仁司監督 チュープロ 背後の虚無
映画『XXX』より『背後の虚無』のワンシーン。劇中で登場するバイクは安居剣一郎さん(写真右)の私物

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事