『湯を沸かすほどの熱い愛』が素晴らしすぎる、5つの理由

湯を沸かすほどの熱い愛 01

(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

 日本を代表する女優宮沢りえ主演の最新作『湯を沸かすほどの熱い愛』。とても素晴らしい映画でした。闘病ものと思いきや、そこには深くスポットを当てず、家族のあり方について描かれています。ぴあの満足度でも1位となっている同作の魅力を今回はご紹介します。

1:宮沢りえが演じる「おかあちゃん」が凄い

 宮沢りえの演技力、これはもう語る必要はないかと思います。

しかし、分かっていながらも「また凄い役を演じきった」と思ってしまいます。同作では、旦那に逃げられ娘を育てながらパン屋で働く主婦、冒頭で余命宣告を受けてしまうという役柄。それでも、そんなことを感じさせず元気良く毎日を過ごしつつ、最後の日が来る前にやっておく目標を作り、生きていきます。

 特に娘の前では気丈に振る舞い、強く一人でも生きていけるようにぶつかり合いながら、成長させようと支えていく姿が素晴らしい。
 と思ったら、元旦那に対してはいきなり調理道具のお玉で殴りつけるなど、容赦なく攻撃して笑わせてくれるシーンも。そして、元旦那が逃げていた先の女性の子供を連れてきても受け入れる度量の広さも。まさに日本人が描く「おかあちゃん」像を演じています。

2:娘役の杉咲花が素晴らしい

 聞きなれない女優さんかもしれませんが、かなりできる子です。前の出演作『トイレのピエタ』が強気な女子高生役だったためか、そのようなイメージがあったのですが、今回はとても繊細でいじめられっ子の役。つまり演技の振り幅の広さがよく分かりました。

 序盤はいじめられっ子ですが、母親のやりとりを経て、立ち向かっていくことに。その様子がとても健気で頑張って勇気を出しているって感じがします。

 彼女の今後の活躍がとても楽しみな演技力でした。ちなみにとある映画の監督さんは「度胸があるいい女優」と絶賛していました。同作を見ればその意味がよく分かります。今後が楽しみな女優さんです。

湯を沸かすほどの熱い愛 yu-sub1s

(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会


    ライタープロフィール

    波江智

    1978年生まれ。映画ライター。シネマトゥデイややcinema Ala Carteなどに寄稿。ジョージ・ルーカスとガイ・リッチーを敬愛。ベストムービーは『ロックストック&トゥースモーキングバレルズ」。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com