『残穢ー住んではいけない部屋』の完成披露試写会 竹内結子「怖い人はドキュメンタリーとして追いかけてください。」

『残穢ー住んではいけない部屋』の完成披露試写会が1月14日、丸の内ピカデリーで行われ、竹内結子さん、橋本愛さん、坂口健太郎さん、佐々木蔵之介さん、滝藤賢一さん、中村義洋監督が登壇しました。

画像1

まず、中村監督は「お化け屋敷の設定など考えるのが大好き。作った側が楽しんでる映画は初めて。終わったあと作り手性格悪いと思って頂いたら嬉しい」と笑顔で挨拶。

 

画像2

続いて竹内さんは「完成披露試写会に参加するのは抽選とかあるので、なかなか狭き門だったと思います。主要キャストが揃って挨拶するのは初めて。ホラー映画が苦手な私はネガティブキャンペーンばかりなのでいいところを見つけてポジティブなことも伝えていきたいです」とホラー映画が苦手なことを再三にわたり主張しました。

 

画像3 (1)

橋本さんは成人式を迎えたばかりのため会場から「成人おめでとう!」という声があがり、笑顔で応えていました。さらに客席から「成人おめでとう、おごって」という声があがり、橋本さんは「逆じゃね?」とツッコミ。

 

画像4

佐々木さんは「大勢の方にきていただきありがとう。ホラーを安心してみようと思ってるでしょ?」と少しためてから「せいぜい楽しんで帰ってください」とニヤリ顏。

 

画像3

坂口さんは「心霊マニアをやらせていただいた。完成したものをみて、見終わった後、こんなにあとを引く作品は初めて。監督の性格の悪さが凝縮された作品です」と監督の性格の悪さを強調していました。

 

画像6

滝藤さんは「今年もよろしく、楽しんでください」ととてもシンプルなご挨拶。

 

画像7

ホラー映画嫌いな竹内さんは試写会で1度目は最後までみられなかったことをツッコまれると「監督に1度目はちゃんとみられなかったといったら、『時計仕掛けのオレンジみたいなものを目につけてまぶたを閉じられないようにしてから見させるぞ』と言われたので、2回目はちゃんと見られました」と苦笑い。

一方ホラー映画が大丈夫な橋本さんは「もちろん本物の心霊現象は怖いです。でもフィクションの場合は怖がれません。演技指導で中村監督の指示が分かりやすく、反応のレベルや間に重点を置いていて、『ここはビックリマーク5レベル』などといわれて演技していました。ビックリが足りない時は『あとビックリマーク2個足して』というようにいわれてとても分かり易かった」と恐怖の演技指導について語っていました。

竹内さんと夫婦役を演じた滝藤さんは「竹内さんとの共演は3回目。ついに竹内さんの旦那さんをやらせていただけるまでになりました」というと竹内さんは楽屋で「甘党か辛党か酒飲むかなどを聞きました。以前は刑事で滝藤さんを逮捕する役だったので距離は近くなりましたよね」と笑顔。

 

画像8
またホラー映画ということで舞台挨拶中に清めの塩が入ったバズーカが俳優陣に手渡され、バズーカを発射する場面もありました。清めの塩はぽち袋の中に入っているようで、さらに数個のぽち袋にはサインが入っていたようです。これには来場者も大喜び。

 

画像9

最後に竹内さんは「怖いものが苦手な人も、そうでない人もいらしてると思うで、怖いものが得意なひとは、見終わった後、ああ大丈夫だったと思わないでください。怖い人はドキュメンタリーとして追いかけてください。最後まで何かがついてきますので」と脅し文句。さらに「お清めの塩は卵などにお使いください」とうまいオチをつけて終しました。

 

『残穢ー住んではいけない部屋』は1月30日(土)より全国ロードショーです。

(取材・文:波江智)


    ライタープロフィール

    波江智

    1978年生まれ。映画ライター。シネマトゥデイややcinema Ala Carteなどに寄稿。ジョージ・ルーカスとガイ・リッチーを敬愛。ベストムービーは『ロックストック&トゥースモーキングバレルズ」。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com