『ゾンビランド:ダブル・タップ』売れっ子俳優4人が10年ぶりに再集結!このゾメディ映画を観てただ笑え!

■橋本淳の「おこがまシネマ」

どうも、橋本淳です。
46回目の更新、今回もよろしくお願い致します。

テレビをつけては無心で眺め、携帯を開けば時間を潰すようにまことしやかなニュースを見つめる。日々疲れが溜まってくると、皆さまは、そんな感じになることに共感しますでしょうか?

私はひとつの作品をやっていると、疲れとはまた違いますが、日常の中で放心する時間が少し増すといった感じになります。そういう時の自身のリセット法として、映画館に行くというのはひとつの方法です。

そういった時の作品選びとしては、詰まった濃さがある作品ではなく、ただただバカをやってくれる作品を選びます。考えるというよりは、無理矢理に世界に引き込んでくれるパワープレームービーに救われます。

今回も見事に救ってくれて、気づけばのめり込み、観賞後には、何も残らない潔さ。嗚呼笑った、と満足感で満たしてくれました。コチラの作品をご紹介。


    ライタープロフィール

    橋本淳

    橋本淳

    2004年(平成16年)テレビ『WATER BOYS2』で本格的に芸能活動を開始。2005年(平成17年)に『魔法戦隊マジレンジャー』の小津 魁/マジレッド役に抜擢される。 以後、テレビ『連続テレビ小説 ちりとてちん』『大河ドラマ 軍師官兵衛』『PATグランパ!』『悦ちゃん』、『CHASE』、『刑事ゆがみ』など。映画『婿入金魚』、『At the terrace テラスにて』、舞台『黒いハンカチーフ』『書く女』『月・こうこう、風・そうそう』『クレシダ』『キネマと恋人』『君が人生の時』城山羊の会『相談者たち』など多数の作品に出演。 シネマズby松竹では【おこがまシネマ】を第2、4水曜に隔週連載。「烏滸がましくも、まだまだ青臭さの抜けない、橋本淳という役者が、映画を紹介するページです。嗚呼、烏滸がましや烏滸がましや」

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com