【特別映像】『マザーレス・ブルックリン』|2020年1月10日(金)公開

『マザーレス・ブルックリン』|2020年1月10日(金)公開

予告編

本年度ゴールデン・グローブ賞作曲賞にノミネートされるなど、国内外で高く評価。当時の犯罪映画を彷彿とさせる古典的なスタイルで、今の社会問題にも繋がる現代的なテーマを描いたアメリカン・ノワール『マザーレス・ブルックリン』が、2020年1月10日(金)より新宿ピカデリー他にて公開。

監督・脚本・製作・主演を務めたのは、ハリウッドを代表する演技派俳優エドワード・ノートン。本作では一風変わったキャラクターを演じつつ、初めてシナリオに挑戦し、約20年振りにメガホンも取るなど、プロデュースも含めて1人4役の活躍を見せている。

この度、解禁となったのは、監督・脚本・製作そして主人公ライオネル役を務めたエドワード・ノートン、鍵を握る女ローラ役を演じたググ・バサ=ロー、謎を知る男ポール役を演じたウィレム・デフォーなどの豪華キャストによるインタビューと、それぞれが登場する本編&メイキングのシーンが折り重なり、映画の魅力を凝縮した映像。

「時代物でありながら時事的な映画」

「観客を圧倒する演技」

「『L.A.コンフィデンシャル』ミーツ『レインマン』」

という海外メディアによる絶賛レビューも紹介されている。

ストーリー

1957年、ニューヨーク。障害の発作に苦しみながらも驚異の記憶力を持つ私立探偵のライオネルは、人生の恩人であり唯一の友人でもあるボスのフランクが殺害された事件の真相を追い始める。ウイスキーの香りが漂うハーレムのジャズ・クラブからマイノリティの人々が集うブルックリンのスラム街まで、僅かな手掛かりを頼りに天性の勘と抜群の行動力を駆使して大都会の固く閉ざされた闇に迫っていく。やがて、腐敗した街で最も危険な黒幕に辿り着くが・・・。

作品情報

監督・脚本・製作:エドワード・ノートン
原作:ジョナサン・レセム「マザーレス・ブルックリン」
オリジナル・ソング:トム・ヨーク「デイリー・バトルズ」

出演:エドワード・ノートン、ブルース・ウィリス、ググ・バサ=ロー、アレック・ボールドウィン、ウィレム・デフォー

公式ホームページ:http://motherlessbrooklyn.jp  
公式Twitter:https://twitter.com/warnerjp  
公式Instagram:https://www.instagram.com/warnerjp_official  

配給:ワーナー・ブラザース映画 
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved PG12

⇒他の記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com