マキシマム ザ ホルモンが映画『珍遊記』に楽曲提供!漫☆画太郎と映画初コラボ

2016年2月27日より公開となる、漫☆画太郎原作のギャグ漫画の実写作、映画『珍遊記』でロックバンドのマキシマム ザ ホルモンが楽曲提供していることが明らかとなった。

漫☆画太郎とホルモンの映画コラボが遂に実現!

珍遊記
(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

映画『珍遊記』は、1990年より週刊少年ジャンプにて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した、漫画家・漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」を原作に実写映画化する作品。主人公・山田太郎を松山ケンイチがつとめ、さらに倉科カナ、溝端淳平、田山涼成、笹野高史、温水洋一、ピエール瀧らといった豪華キャストが集結する。

今回、本作のバトルソングとしてロックバンドのマキシマム ザ ホルモンが既存曲2曲を提供したことがあきらかとなった。

珍遊記 マキシマム ザ ホルモン マキシマムザ亮君マキシマム ザ ホルモンは、マキシマムザ亮君(歌と6弦と弟)、ダイスケはん(キャーキャーうるさい方)、上ちゃん(4弦)、ナヲ(ドラムと女声と姉)の4人からなる“ホルモン”の愛称で知られる人気ロックバンド。
 
本作の原作者である漫☆画太郎が、マキシマム ザ ホルモンのジャケットのイラストを、これまで数多く手掛けているという縁もあり、終盤のアクションシーンで流れるラウドなバトルソングとして「アバラ・ボブ<アバラ・カプセル・マーケッボブ>」「ジョニー鉄パイプⅢ」の2曲を提供するにいたった。

このたびのエモい情報解禁にあわせて、漫☆画太郎と初の映画コラボとなった、マキシマム ザ ホルモンのマキシマムザ亮君からのキレッキレなコメントも到着している。

マキシマムザ亮君(マキシマム ザ ホルモン/歌と6弦と弟)

うおおー!「珍遊記」実写映画化やべー!!
とにかく今回バトルシーンがすげえ!(まだ見てないけど)

飛び出る映像がど迫力でやばい!!
(まだ見てないし、そもそも3D上映あるかどうかしらねえけど)

そしてなんといっても感動のラスト15秒が泣ける!! (原作もどんな話か忘れてるし、見てないからそんなシーンあるかどうかわからねえけど)

俺は小学校の卒業アルバムの文集のコーナーで「珍遊記」の主人公「山田太郎」のイラスト描いたほど、童貞の頃から大好きなんだこの野郎!! 自分のバンドのCDのジャケイラストを漫☆画太郎に何回も描いてもらってるのに、まだ一回もお会いした事ねえぞ!ちくしょーー!!!
映画館で絶対観てやる!!

珍遊記 マキシマム ザ ホルモン

なお、今回バトルソングとして提供された2曲は、2015年11月18日(水)に発売された映像作品集「Deka Vs Deka~デカ対デカ~」に同梱のCD ALBUM「耳噛じる真打」に収録されている。

映画『珍遊記』は、2016年2月27日(土)より、新宿バルト9他にて全国ロードショー。

関連リンク

映画『珍遊記』主題歌にRIP SLYME!OP&EDの2曲を書きおろし
倉科、溝端、田山、笹野、温水、瀧!映画『珍遊記』キャストコメント到着!
板尾&矢部&今野&おおかわら&野田!映画『珍遊記』新たな追加キャスト発表
松ケン全裸!キケンな特報映像が解禁―映画『珍遊記』ナレーションは千葉繁

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 川口裕樹
    • 村松健太郎
    • 奥野 大児
    • 小峰克彦
    • 久保田和馬
    • 星井 七億

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo