汚れたテディベアの大冒険!映画『クーキー』2015年8月公開決定

東欧のアニメ大国チェコのアカデミー賞といわれるチェコ・ライオン賞で4部門を受賞した、ファンタジー映画『kuky se vraci』が『クーキー』の邦題で2015年8月より全国順次公開されることが決定した。

クーキー
(C)2010 (C)Biograf Jan Sverak, Phoenix Film investments, Ceska

体が弱く、ぜんそく持ちの男の子オンドラは、小さなころからテディベアのクーキーとずっと一緒に遊んできた。しかし古くなってしまい、汚れがぜんそくにも悪いということで、ある日母親がゴミと一緒に捨ててしまう。町から遠く離れたゴミ捨て場に捨てられ、ショベルカーに潰されそうなった瞬間、クーキーはひょっこりと動き出してゴミ捨て場を駆け下り森に逃げ込んだ。森の中には邪魔ものが次々現れ、クーキーの行く手を阻む。はたしてクーキーはオンドラの待つ家にたどり着くことができるのか――

可愛くて、ちょっと奇妙な、そして心温まるファンタジー。チェコにて2010年に公開された本作が5年の歳月を経て、日本に上陸する。

本作を手がけたのは、チェコを代表する映像作家ヤン・スヴェラーク監督。『コーリャ 愛のプラハ』で第69回アカデミー賞外国語映画賞を受賞。そして、スタジオジブリが初めて洋画を国内配給した作品として知られる『ダーク・ブルー』の監督でもある。本作では、チェコ伝統のマリオネット(操り人形)による人形劇に挑戦。スタジオを飛び出して実際の森の中にロケセットを組み、予定の3倍となる100日間もの撮影を敢行した。

映画『クーキー』は、2015年8月より新宿武蔵野館ほか全国順次公開。さらに、2015年5月16日から6月26日に開催される『カリコレ2015』での上演も決定している。

関連リンク

シリーズ最新作『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』予告映像解禁!
星の王子様がついに映画化!『リトルプリンス 星の王子さまと私』
人間の感情が主役?モンスターズ・インクの監督最新作『インサイド・ヘッド』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 柳下修平
    • 木村うい
    • ゆうせい
    • 大川竜弥
    • 斉藤守彦
    • kamito努

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo