山田洋次監督最新作『母と暮せば』大人向け絵本の発売が決定

母と暮せば_表紙

2015年12月12日(土)より公開、吉永小百合と嵐の二宮和也が親子役として初共演をしていることで話題の山田洋次監督最新映画『母と暮せば』

本作を大人向けにかき下ろした絵本『母と暮せば』が2015年11月19日(木)に発売されることが決定した。

山田洋次監督による書き下ろし

絵本『母と暮せば』は文を山田洋次監督自身が、絵を先端アーティストの森本千絵がそれぞれかき下ろし、実写映画とは一味違う独自のファンタジー世界を描いた作品となっている。

1945年8月9日、長崎の原爆で一瞬にして世を去った医学生の浩二。三回忌を迎えたその朝に、幽霊になった彼が母・伸子の前に突然姿を現す。愛する息子を抱きしめようとする伸子、その腕は浩二の身体をすり抜けてしまう。それでも再会を心から喜び合う二人。その日から浩二は毎晩のように伸子の前に現れ、思い出話やかつての夢を語り母親を慰める。
しかしそんなある日、生前浩二の恋人だった町子のことに話が及ぶと…。

絵本には戦争、原爆、その末の死という“地獄”を味わいながらも、愛と慈しみ、ユーモアを絶やさない2つの魂の物語が描かれている。

絵本『母と暮せば』は2015年11月19日(木)講談社より発売。

映画『母と暮せば』は2015年12月12日(土)より全国ロードショー。

公式サイト http://hahatokuraseba.jp/

(C)2015「母と暮せば」製作委員会

関連記事

山田洋次監督最新作、映画『母と暮せば』の最新ビジュアルが解禁
『母と暮せば』公開記念の長崎郷土料理おせちが発売
山田洋次作品『母と暮せば』、坂本龍一のレコーディング風景が公開
本田望結が山田組初参加!映画『母と暮せば』追加キャスト発表

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 小峰克彦
    • apopo
    • あかめ
    • 川口裕樹
    • はな
    • 茅ヶ崎の竜さん

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo